コーヒーの歴史と製法

水出しからコールドブリューまで、魅力十分のアイスコーヒー

コーヒーといえば沸騰したお湯で抽出するもの、というイメージがありますが、実はお湯を使わずに淹れる方法があるのです。その名も“水出し”。別名、ダッチコーヒー(オランダコーヒー)とも呼ばれます。数分で淹れられるドリップやフレンチプレスと違って、数時間かかってしまうが、その難点を補って魅力はあまりあります。ここではそんな水出しコーヒーをご紹介します。

発祥地はオランダ領インドネシア

水出しコーヒーが発明されたのは、オランダ占領下のインドネシア。当地では、クセの強いロブスタ種が栽培されていたため、その豆の欠点が出にくい方法として考え出されたといわれています。

お湯でコーヒーを抽出すると、苦味やえぐみなどが溶け出しやすいものですが、水出しだとそれが解消され、マイルドなコーヒーに仕上がるというメリットがあります。さらに、カフェインも少なめとなるため、カフェインへの耐性が弱い人にもやさしいコーヒーとなります。

抽出時間は数時間。待つ楽しみもある

入れ方は簡単。その代わり、抽出に数時間かかるので、飲みたいときに飲めないという大きな問題があります。毎日寝る前にセットして朝起きたらできている、といった感じで、段取りを考えれば解決できるはずです。また、アイスコーヒー用にまとめてつくりおきするのもいい方法です。

入れ方を以下にまとめました。

<用意するもの>
*ポット(ガラス製、プラスチック製など素材はなんでもOK。冷蔵庫に入るサイズのものを選びましょう)
*お茶・だし用の紙パック
*コーヒー(水出しコーヒーポットを販売しているハリオ社サイトによると、「8人分で80g」が適量となっています。ご参考まで)
*水

<入れ方>
① コーヒー豆を挽いて粉にする。
② ①を紙パックに入れる。
③ ポットに②と分量の水を入れる。
④ 冷蔵庫に入れ、8時間程度でできあがり。味を見てパックを取り除く。

いかがですか? 時間がかかるだけで手間はほとんどありません。実はドリップなどの方法より簡単なのがおわかりになったでしょうか?

アメリカ発「コールドブリュー」カルチャー

コールドブリューをご存じですか? なんのことはない、水出しコーヒーのことですが、サードウェーブカルチャーの志向を取り入れて、スペシャルティ品質などの上質な豆を使うことがポイント。

もともとは、クセの強いロブスタ種の欠点をカバーする方法として生まれた方法ですが、現代は個性の豊かな豆本来の味わいを存分に楽しむためにもすぐれている、ということがわかったのです。実際に味わってみると、クリアで洗練された味わいには驚かされます。

水出しコーヒーの楽しみ方

寝る前にセットして冷蔵庫に入れておけば、朝からおいしいコーヒーがいただけます。「朝はホット派」という方は、好みの温度まで温めてホットコーヒーとして召し上がれ。普通に淹れたコーヒーよりもマイルドで、とてもおいしくいただけます。

また、冷蔵庫から出してそのままアイスコーヒーとして楽しむのは当然よい方法ですが、お酒用のロックアイスを入れるとさらにおいしくいただけます。コンビニなどで買える安いものでも十分です。これらは「純氷」と呼ばれ、不純物が少ない氷なので、家庭用の製氷機で作る氷よりもおいしいのです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの仕事
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. アメリカのコーヒー文化
  5. コーヒーの砂糖とミルク
  6. コーヒーの仕事
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. ハワイコナコーヒー
PAGE TOP