コーヒーの歴史と製法

日本人、コーヒーに出合う

日本にコーヒーがもたらされたのは、17世紀前後の江戸・元禄年間といわれています。日本のどこに伝わったかというと、当時は最先端の文化発信基地 だった出島(長崎)のオランダ屋敷です。日本人とコーヒーの出合いのエピソードをまとめてみました。

出島のオランダ屋敷からコーヒーが伝わる

日本にコーヒーがもたらされたのは、17世紀前後の江戸・元禄年間といわれています。日本のどこに伝わったかというと、当時は最先端の文化発信基地だった出島(長崎)のオランダ屋敷です。ここに出入りし、オランダ人と接触する蘭学者が日本人としてはじめてコーヒーを口にしました。

ただ、それは美味体験とは程遠く、「焦げ臭くて味ふるに堪ず」と称されたそうです。そのエピソードは、「『瓊浦又綴(けいほゆうてつ)』という書物(文化元年(18O4))に記されており、これが日本人によるわが国最初のコーヒー体験記となります。ちなみに、これを書いた蜀山人(しょくさんじん)は、幕臣、狂歌師、戯作者、儒学者などとして活躍する文化人。『会席料理仕様帳』を著すほどの食通が「焦げ臭くて飲めたものではない」とは、なかなかの辛口コメントですね。

シーボルトはコーヒー好き

出島といえば、ゆかりの深い長崎出島のオランダ商館の医師・シーボルト。「日本人がの間でコーヒーが流行しなかったのは不思議なことだ」とか、「日本人にコーヒーを広めるために、『コーヒーは長寿に効く』と宣伝するのがいいかもしれない」などと、さまざまな方策を探そうとしたそうです。シーボルトのコーヒー好きは相当のもので、嗜好品として愛飲するだけでなく、医師として薬効を意識してのコーヒーを宣する意図もあったのかもしれません。

鎖国解除後、一般庶民にコーヒーが広まる

鎖国が解けた1854年以降、上流階級の飲み物だったコーヒーが次第に広まっていくことになります。一般の人がコーヒーに親しみはじめるなか、日本初の喫茶店「可否茶館(かひさかん)」が東京・下谷に開店し、銀座には「カフェー・プランタン」、「カフェー・ライオン」、「カフェー・パウリスタ」などが続々とオープンし、カフェ(喫茶店)は飲食を楽しむだけでなく、仲間と語らい、くつろぐ場としての役割を持ちはじめました。

しかし、その後日本は戦争の時代に入ります。コーヒーは喫茶店暗黒の時代を経て、営業が再開されたのは昭和25年ごろのこと。戦後の混乱・飢餓の時代も、コーヒーの魅惑の味を知ってしまった以上人々はユリの根や大豆などあらゆるものを炒って煎じて、「代用コーヒー」として飲んでいたといいます。平和が戻り街に喫茶店ができはじめても、一般庶民には高根の花のような存在。大衆化していったのはもっと後のことになります。

まとめ

コーヒーをはじめて飲んだ日本人が「苦くて飲めたものじゃない」と絶句した時代から考えると、現代日本のコーヒーブームやカフェの繁盛ぶりを見ていると隔世の感があります。文明開化の明治時代から、コーヒーのいい香りとハイカラな雰囲気に魅了されはじめた人々は、生活に欠かすことのできない存在としてコーヒーを認識しはじめ、いまのコーヒーブームがあるのでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP