コーヒーの歴史と製法

妊娠・授乳中にも安心。デカフェの魅力に迫る

コーヒーの苦みを構成するカフェイン。旨味の大事な一部ではあるのですが、カフェインが体に合わない方や妊娠・授乳中のママには悪影響になってしまうこともあります。そのカフェインを脱処理したものがデカフェと呼ばれているコーヒーで、今回はこのデカフェの基礎知識や美味しい飲み方などをご紹介します。

デカフェについて

カフェインレスコーヒー、カフェインフリーなどと呼ばれており、欧米ではカフェインを敬遠している人々から多くの支持を受けています。世界のコーヒー市場の1割ほどにものぼるそうです。日本ではあまり見ることがありませんが、意外とメジャーな存在なのですね。

ヨーロッパではカフェインの含有量に規格があり、コーヒー豆では0.3%、インスタントコーヒーでは0.2%以下でないとデカフェと名乗ることができないことになっています。日本には輸入されているものと国内で製造されているものがありますが、現在の日本には規格がないので注意が必要です。

どのようにしてデカフェが製造されているのか

大きく分けて、精製した豆からカフェインを抜く方法と、元々カフェインを含まないコーヒー豆を育てる方法があります。しかし、栽培段階でカフェインを含まないようにする技術がまだ発展途上のために世に出回っていません。

カフェインの抜き方には現在3つの方法がメインで使われています。

(1)ジクロロメタンなどの薬品を使う方法

これは一番安価で、薬品を使ってカフェインを溶かす方法です。しかしカフェイン以外の成分も一緒に溶かされてしまうので、味わいが落ちてしまうことと、薬品を直接豆につかることになるので安全性の不安を招きやすいのがデメリットです。日本ではこの製法は認められていません。

(2)二酸化炭素を使う方法

二酸化炭素に圧力と温度を加えたもの(超臨界流体という状態)でカフェインを取り除く方法です。常温になれば二酸化炭素が簡単に除去でき、万が一残っていても害がないこと、薬品を使わないことが大きなメリットです。一番最新の方法で、他の方法より美味しいのも嬉しいですね。

(3)水と薬品を併用する方法

水に生豆の成分を溶かし、その中のカフェインを薬品で取り除いたあと生豆に戻すという方法です。薬品が豆に直接付かないので安全性が(1)に比べて高く、二段階でカフェイン除去をするので他の成分が流れにくいというメリットがあります。

デカフェの楽しみ方

ネスカフェなどの大手の企業からも販売されており、昔売られていたものよりも今の技術でかなり美味しく・飲みやすくなりました。カップにかけて使うドリップタイプや、インスタントタイプなど、様々な種類があります。お菓子と一緒にストレートで楽しんだり、ミルクやお砂糖で甘くしてみたり、黒糖も合うそうです。

こちらはペットボトル入りで手軽に飲めます。1本230円前後で手に入ります。

こちらはドリップタイプです。スーパーやアマゾンにもドリップタイプが売っていますよ。

妊娠中・授乳中に関してはあまり敏感になることはなく、適量であればカフェインも心配しなくてよいそうです。チョコレートなどの意外なものにも含まれているので、コーヒーのお供にも注意したいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP