コーヒーの歴史と製法

古き良き昭和の喫茶店ブーム回顧録

戦後の食料難の日本で、人々はコーヒーや甘いものを渇望しました。とはいえ、コーヒーは超高級品なので一般庶民は簡単に手に入れられるものではありませんでした。当時のコーヒーといえば、進駐軍からヤミ物資として流出したものや、不正な方法で入手した食品の中にわずかに含まれるもの。そんな憧れの結晶ともいえる昭和の喫茶店と喫茶店ブームを回顧してみましょう。

敗戦数年で暮らしにゆとりが生まれ、喫茶店が誕生

昭和24(1949)年には酒類の統制が撤廃し、昭和25年にようやくコーヒー豆輸入と味噌・醤油の自由販売が再開されました。それから昭和27年には砂糖・小麦粉の統制が撤廃、昭和29年にはパンの量産がはじまるなどの動きがあり、のちに訪れる喫茶店ブームの追い風となりました。また、喫茶店は飲食をするためだけの存在ではなくなり、商談やおしゃべりなどをするための“社交の場”としての機能を取り戻していきます。

喫茶店の数が増えるのにしたがい、レコードを大量に所蔵し本格的な音響装置を設えた「名曲喫茶」や「ジャズ喫茶」、美人女給が売りの「美人喫茶」など、さまざまな業態の店が生まれ、喫茶店ブームとなりました。アルゼンチンのタンゴなどのラテン曲をレコードでかける「タンゴ喫茶」や、ロシア労働歌などをみんなで歌う「歌声喫茶」なども誕生し、世は喫茶店ブームとなりました。

昭和35(1960)年には、ついにコーヒー豆の輸入が完全自由化され、その翌年には森永製菓が国内初のインスタントコーヒーの製造販売をはじめました。それからコカ・コーラの輸入自由化、昭和39年の東京オリンピックと続き、東京の喫茶店は最盛期となりました。このころから「喫茶・軽食」という看板を掲げて商売する店が増え、東京以外の地方でも目立つようになりました。

それからも、サイフォンでコーヒーを淹れてお客に提供する店が人気を呼び、「同伴喫茶」や「深夜喫茶」なども現れ、第二次喫茶店ブームとなりました。一方で、缶コーヒーや、ケンタッキーブライドチキンやマクドナルドなどのファストフード店でもコーヒーが飲めるようになり、外食は大衆化していきました。

珈琲専門店の誕生

その一方で、“本物志向”の動きも生まれます。こだわりのコーヒーを飲ませる「珈琲専門店」が流行し昭和50(1975)年ごろにピークを迎えました。また、コーヒー以外に紅茶を好む人も増え、紅茶に特化した喫茶店も誕生しました。その結果、本物・高級志向の喫茶店と、現在に続くセルフ方式カフェの先駆である「ドトールコーヒー」(昭和55年、原宿駅前に第1号店誕生)などの安価・手軽路線の喫茶店との二極化の傾向を示すようになりました。

純喫茶とは?

ところで、昭和の喫茶店ブームの代名詞のように使われる「純喫茶」は、女給がサービスする風俗的な喫茶店や、アルコール類も置く喫茶店と区別するために生まれた言葉です。いまでも鉄道の駅の近くや、商店街沿いなどで「純喫茶」の看板を掲げて営業している店を見かけることがあります。昭和の喫茶店ブームを知る人だけでなく、平成生まれの若い人も純喫茶の昭和レトロな外観・内装に魅力を感じているようです。喫茶&コーヒーファンは見かけたらぜひ入ってみてください。こういう感じのいい雰囲気の個人店、応援したいですよね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP