コーヒーの歴史と製法

不味くは作れない、美味くは作りにくい。炭火焼きコーヒーの基礎知識

    よく聞く、炭火焼きコーヒーとは何でしょうか? 炭火焼きコーヒーは簡単に言えば焙煎の仕方を通常よりも凝ってお出ししたコーヒーのことを言います。
    その炭火焼きコーヒーの詳しい紹介とその実態を余すことなくお伝えしましょう。

    ・炭火焼きとは

    まず焙煎の定義について紹介します。コーヒー豆の焙煎はパンのトーストと同じ焼く作業を生じます。
    自家焙煎を聞いたことがあると思いますが、生のコーヒー豆を自分で焼いていると言う意味です。

    反対に言えば「自家焙煎」でないコーヒーは、最初から焼かれたコーヒー豆を使っていることになります。

    さの焼く作業をバーナーの代わりに炭で直接焼いてから、お出しすることを『炭焼きコーヒー』と言います。

    通常のガスバーナーで焼くと味にバラつきが生じやすくなります。炭で焼くとガスバーナーと違って水分を含まないですし、炭火焼きは遠赤外線や赤外線によって、珈琲豆の内部が加熱され膨らみ方や、柔らかさも通常の焼く方法よりも一段とワンランク上になります。味も風味豊かになるとされています。

    ただ値段もかかりがちで温度調整も難しく、職人の技術がかなり問われるので味にバラつきが出やすいのは炭火焼きも一緒と言うことになります。

    また「炭火焼き」を謳っていても、費用を抑える目的もあって最初だけ炭で焼いて途中でガスを使う店もあります。その際は「香りづけとやっている」を理由にしています。

    ・炭火焼きコーヒーは困難

    以上のことから、あまり大きく「炭火焼きコーヒー」と看板に掲げている所は怪しいと言われています。

    ちなみに七輪焙煎で画像検索をしてみれば、いかにも準備や片づけなど時間がかかりがちである事がこちらにも伝わります。そして「炭火焼き」について詳しく書かれている喫茶店のサイトでは、大半の炭火焼きコーヒーは最初だけしている。自分達はしっかりしていると言っています。

    ここまでして炭火焼きを提供したいと言う理由は知識を磨き経験を積んでいることや、やはり美味しいコーヒーを提供したいと言う思いもあると考えられます。それに炭火焼きで発生する一酸化炭素が、コーヒー豆の酸化を遅らせるメリットがあります。

    そして炭火焼きコーヒーが本当に美味しいと言われている喫茶店は、炭を選ぶところからこだわっています。もし炭火焼きコーヒーを売りたいのなら、通常の焙煎よりも困難になるかもしれません。(また、炭火焼きは、バイトで入ってきた若い人には恐らく良い味で提供できないことが殆どだと考えられます。)

    ・炭火焼きのコーヒー豆を”手に入れましょう。”

    ただ炭火焼きを出すのが億劫なら元々炭火焼きされているコーヒー豆を仕入れると言う手もあります。

    炭火焼きのコーヒー豆を販売している所も沢山あります。全体的に濃い味になるので水出しにも向いていますし、ミルクと混ぜで味負けせず、むしろ絶妙なブレンドになると言われています。

    しかし炭火焼きされたコーヒー豆を販売するのも勿論時間がかかります。(2週間ほどお待ち下さいと書かれている所もあります。)すぐに手に入れられないと嘆かないようにしましょう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP