コーヒーの歴史と製法

ノンカフェインコーヒーは美味しい? その作り方と味まで

ノンカフェインコーヒーは興奮作用で眠りの妨げにならない、またカフェインの飲み過ぎによる体重増加を抑えるので便利です。
ただそのノンカフェインコーヒーの基礎を、あまり知らないと言う方も多いのではないでしょうか? 今回はそのノンカフェインコーヒーについて一緒に学んでいけたらと思います。そして喫茶店を経営する意味でも知っておいて損はありません。

・ノンカフェインコーヒーの基礎知識

ノンカフェインコーヒーはデカフェやカフェインレス・コーヒーとも言われています。名前の通りカフェインを取り除いたものですが、カフェイン除去の仕方は生コーヒー豆の状態から水や水蒸気で膨張させ、抜き出します。
そして水蒸気蒸留や吸着剤を再生させ、このままだと豆が乾いた状態になっているので、普通の状態に戻す作業をします。

ちなみにスターバックスコーヒーでもカフェイン抜きのを購入することは可能です。(豆の状態でも販売されていますが「ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド」が該当します。ちなみに他のノンカフェインコーヒーはスターバックスにおいてはこれのみです。)

そしてさすがに上のような専門的な方法なので店に出されるコーヒーを、カフェイン抜きで頼むことはできません。

・ノンカフェインコーヒーでも味はバラバラ

ノンカフェインコーヒーを飲んだ感想としては、味と香りは薄いのですが飲んだ際に口に引っかかるような違和感があるようです。(また砂糖を入れてもその違和感は変わらないとのことです。)

ただこれはかなり個人の感覚で左右されるかもしれません。なぜなら同じノンカフェインコーヒーでも、他にもカフェインの抜き方に違いがあるからです。

簡単に取り上げると、今の日本のノンカフェインコーヒーの主流となっている超臨界CO2抽出法があったり、コーヒーの味と香りを再現できると期待されている超臨界二酸化炭素抽出法があったりします。

また、ウォータープロセスは水でカフェインを落とす方法もありますが、これは味と香りがかなり落ちると言われています。

つまり抜き方によって味に違いがあるから、個人の舌で違いが出るのも必然と言えます。

ちなみに、たんぽぽコーヒーを聞いたことがあると思いますがこれはその上のようなノンカフェインコーヒーとは違います。

たんぽぽコーヒーはカフェインを豆から抜いているのではなく、たんぽぽの根や穀物など、それらを使ってコーヒーの味を再現しているので全くの別物です。(またたんぽぽコーヒーはキャラメルで溶かしたような味とも言われています。)

・大抵が薬品を使っています。

このように取り上げると、カフェインレスコーヒーは薬品を使ってるのが感覚的に分かるかと思います。ちなみに、薬品を使った方法にはジクロロメタンと言うのが利用されていますが、これは毒性があると危険視されている金属機械の油脂を落とす成分です。また水での取り除く方法も薬品を使っています。(ただ超臨界二酸化炭素は薬品を使っていません。)

同じカフェインの入っていないコーヒーを飲むなら、たんぽぽコーヒーが妥当だと個人的に感じます。もしくは超臨界二酸化炭素を使っているものを調べて飲むのが良いですし、自身が喫茶店を経営する時はそちらの方法を是非お薦めします。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP