コーヒーの歴史と製法

コーヒーメーカーとコーヒーミルの違いとコーヒーの保存方法のコツ

コーヒーメーカーとは?

コーヒーメーカーとは、挽いた豆をセットして、お湯を注ぎコーヒーを淹れるマシンです。様々な会社が、こだわりのコーヒーメーカーを開発しています。

コーヒーミルとは?

焙煎した豆を挽く為の機械です。手動で挽くタイプのものもあれば、電動タイプのものもあります。

コーヒー豆を買ってきた場合は、まずはミルで豆を挽くことから始めないといけません。挽いていない豆のままでコーヒーを淹れることはできないのです。

手動の方が、挽く粗さを調整したり、摩擦熱を加えず丁寧に挽くことができるので美味しさで言えば手動が勝るかもしれません。電動タイプは挽く時間の長さで粗さを調整したり、摩擦熱が加わりやすかったりという面はありますが、とても手軽です。

コーヒーメーカーとコーヒーミルの違い

全く別物です。コーヒーメーカーは「挽いた豆を使ってコーヒーを淹れるもの」でコーヒーミルは「コーヒー豆を挽くもの」なので、ミルでコーヒーを淹れることはできません。

しかし、ミル付のコーヒーメーカーというものも販売されています。ミルを持っていない方は、このミル付のコーヒーメーカーを買うと便利です。

電動コーヒーミルの種類

電動のコーヒーミルにも種類があります。「プロペラ式(カッター式)」と「臼式・コニカル刃」などです。

【プロペラ式】
プロペラ式というのは豆を挽く為の歯がプロペラのようになっていて、それがグルグルとまわることでコーヒー豆が粉砕されるようになっています。
値段は比較的安価なものが多く、大きさや形も収納に困らないようなものがほとんどです。

スイッチを押している時間(挽いている時間)によってコーヒー豆の粗さを調整し、長く押せば押すほどコーヒー豆が細かく挽ける仕組みになっています。

しかし、エスプレッソ用の極細挽きは基本的にはできないのがほとんどです。挽きムラができたり、摩擦熱が起こるのを防ぐために、数秒ごとに上下に振る必要があります。

【臼式】【コニカル刃】
臼式は上下2枚の歯でコーヒー豆をすり潰すように挽くタイプです。その様子が臼のようなので臼式。均等に豆が挽ける為挽きムラが少なく、プロペラ式やカッター式に比べ微粉も少なく済みます。

コニカル刃はグラインダーが回転数や騒音、熱の発生を抑えるつくりになっています。エスプレッソ用に使われることが多いのがこのタイプです。
ダイヤルで粗さの調節ができるようになっていて、ミルによっても差はありますが極細引き対応の機種もあります。

大きさは中型~大型、収納するというよりは据置型でスペースが必要です。値段も安くて1万円以上します。本当にこだわりの本格派コーヒーを飲むのであればこちら。

手動のコーヒーミル

アンティークな雰囲気がかわいいコーヒーミル。値段は安くて1000円台から高いと20000円くらいです。少々傾けてもこぼれない蓋つきのもの、逆に引いた時の香りを楽しむために蓋無しのものとあります。
デザインはアンティークなものから今時のスタイリッシュなものまで様々なので、自分好みのデザインを選べるでしょう。

アウトドアの時に持って行く時用のコンパクトで軽いものから、家で使う用のしっかり目のものまで大きさもさまざまです。ただ、家で使うのであれば挽きやすい多少ドッシリとしたものの方がおすすめです。

手動のコーヒーミルで有名なのは「ザッセンハウス」「プジョー」の二つです。ファンの間で密かに人気の、カマノ・コーヒーミルも世界中でベストセラーになっています。

コーヒー豆をどうしても余らせてしまうと言うことがあると思います。そんな時に困るのは保存場所です。

まず結論から言えば、すぐに飲むなら常温保存。そうじゃなければその期間に合わせて冷蔵庫か冷凍庫が良いです。
なぜ、そうなのか? 詳しく見ていきましょう。

・まずはコーヒー豆で保存しましょう。

まず常温でも冷蔵庫か冷凍庫でもどちらでも言えることは、予め挽かれてパックされているものより豆として売られている方が良いです。なぜならパックされたものは焙煎から時間が経っていることになりその分、新鮮さが落ちているからです。

・常温保存が一番です。

飲みきりまでの期間が一週間位ならば常温保存がお薦めです。まず下でも書いてますが、冷蔵庫か冷凍庫なら特に匂いに気をつけなければいけないですし、新鮮さはどうしても落ちてしまうからです。常温保存なら絶対に落ちないと言うことは勿論ありませんが、ここで紹介されているものの中でこの方法が一番ベターであるのは間違いありません。

常温保存なら直射日光に当たらず、また湿気と酸素の影響を受けない場所が良いです。
その場合は熱の影響を受けづらい食器棚の下などが妥当です。ちなみによくそう言う上の影響を受けない場所は「冷暗所」と呼ばれていますが、冷暗所と言うのは別名みたいなものでそう言った名前の付けられた場所は存在しません。
自分で日光や湿気などを避けられると思う場所を探した方が本当は良いかもしれませんが、探しにくいのが現実だと思うので食器棚の下などが該当しているかなと言う感じです。(納戸でも良いです)ちなみにその「冷暗所」となる条件は暗さもある程度あった方が良いです。

・長期間なら飲みきりまでの期間に分けて冷凍庫か冷凍庫かで保存。

豆は約一か月で使い終わるものは冷蔵庫で保存、一か月以上かかるのなら冷凍庫保存が良いです。

なお冷蔵庫や冷凍庫どちらで保存しても香りが落ちることに変わりはありませんが、プライベートで飲む分には気にするほどではないようです。()もし、それでもコーヒーの香りが明らかにないなと思った場合は、半年など長い間保存していたか、保存した時点で古いか、豆自体の品質か焙煎仕方が悪いものになります。

冷蔵庫や冷凍庫での保存でも匂いが移らないように、密閉容器に保存することをお薦めします。なぜならコーヒー豆は匂いを吸収しやすいからです。
ですがその保存でも缶やビンで保存するとやはり面積を大きく取ってしまいがちです。そこで袋に入れてクリップで止めた後、チャックの付いている袋にそれごと入れて保存しましょう。ちなみに冷凍庫で保存しても、取り出した冷たさが取れるまで待つ必要はありません。冷たいそのままで挽いても問題ありません。たまにちょっと固まりが出来ていることもありますが、押すだけで大丈夫です。また冷蔵庫や冷凍庫から出す時は結露に気を付けましょう。

・これでの保存はNG

ちなみに真空パックの保存はお薦めしません。 酸化前のコーヒーは呼吸をしてているので、真空パックをするとその呼吸を止めることになるからです。(チャックの付いている袋イコール真空パックでありません。)
ちなみに酸化しているかどうかは自分で飲んで判断するしかありません。ただ、冷めていると分かりやすくなるようです。

・保存は新鮮さを保証するものではありません。

最後に保存は長期間やるものではなくて、あくまでその期間内で美味しく頂くためにする処置です。新鮮さを保証するものではありません。

いずれにしろコーヒー豆は早く使い切るのが一番です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. カフェ開業メニュー
  4. 名古屋喫茶店モーニング
  5. コーヒーメーカー
  6. カフェ開業メニュー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP