コーヒーの歴史と製法

コーヒーの苦味・酸味・甘みの種類とたんぽぽコーヒーについて

コーヒーの価値は味と香りで決まります。

コーヒーの生産国、輸入国で風味の鑑定を定期的に行い、規格や等級などが決められます。この結果が、価格などを左右するため、風味鑑定はコーヒー産業の中でも重要な役割を果たしています。ブラジルではプロの鑑定人(クラシフィカドール。英語ではカップテイスター)の制度が設けられているほど。

コーヒーは嗜好品である以上、味わいや香りを客観的に表現・評価することはアマチュアには難しいですが、どのような項目があり、どのように評価・判定されるのかを、“飲み手目線”で見ていきましょう。

コーヒーの苦味

コーヒーの苦味成分においてもっとも大きな要因になる成分はカフェインが知られています。ですが、苦味として感じられる成分にはカフェインだけではありません。

次なる苦味成分は褐色色素です。焙煎が進むにつれてこの色素が増えるため苦味を感じさせるのです。

また、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も、コーヒーの苦味(や香り、茶色い色素のもとになる成分)の一因です。このクロロゲン酸は、近年、肝臓で脂肪を燃焼させる、褐色脂肪細胞に働きかけ脂肪燃焼を促進させるなどの健康効果からも注目を集めています。

このほかにもカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類、タンニンなども苦味のもとです。さらに、糖などが焙煎によってカラメル化したものも苦味を生じるといわれています。

つまり、コーヒーの苦味とはなかなか複雑な働きによってかもしだされているのです。

コーヒーの酸味

コーヒーの酸味は、ひと昔前まではあまり好まれませんでした。最近では、ほどよい酸はコーヒーのおいしさのひとつであるという認識が広まっています。

成分的にいうと、クエン酸、リンゴ酸、キナ酸、リン酸などが酸味の要素なのですが、豆を焙煎・抽出したときに感じる酸はこれとは違います。

焙煎により、豆の中でさまざまな成分が化学反応を起こします。クロロゲン酸が分解してキナ酸ができたり、少糖類が分解して揮発性のあるギ酸や酢酸になったりするのです。

コーヒーの主な酸味成分はキナ酸で、クエン酸、酢酸、リン酸などがそれに続きます。

コーヒーの甘み

焙煎豆には、糖分が1パーセント程度含まれており、これがコーヒーを飲んだときに感じる甘みにつながっています。

良質のタンニンにも甘みがあるとか、ショ糖が焙煎により甘みのもとになっているとか、コーヒーの甘みに関してさまざまな説がありますが、実のところはまだ解明されていないそうです。

コーヒーの味覚として渋味

コーヒーの渋味はタンニンのせいといわれています。先ほどは甘みの要因にもなると述べましたが、タンニンは渋味にもつながる成分です。抽出を終えたコーヒーを長時間加温すると渋味が増すことがあるのは、タンニンが酸化してしまうからです。

ですので、コーヒーは冷めないうちに早めに飲むのがおいしく味わうポイントといえそうです。

コーヒーの香り

おいしいコーヒーは、さまざまな味覚が偶然に調和した結果なのです。この分野はまだまだ研究途上で、日々いろいろな研究論文が発表されているそうです。コーヒーの科学は奥深く、興味が尽きません。

たんぽぽ茶などの別名で呼ばれることもあり、ヨーロッパでも昔から広く飲まれてきていた「たんぽぽコーヒー」。中国では漢方として利用されてきたほどで、たんぽぽコーヒーの効能・効果がいかに高いかということがわかります。では、このたんぽぽコーヒー、本当にコーヒーの味はするのでしょうか?今回はその疑問にお答えします。

たんぽぽコーヒーとは

たんぽぽコーヒーとはたんぽぽから 作られているコーヒーです。たんぽぽの中でも根っこから作られています。厳密に言うとコーヒーとは全く作られる成分が違うので、「コーヒー風の飲み物」という表現がベストかもしれません。

たんぽぽコーヒーの味わい

やはり、コーヒーとは味がけっこう変わってしまっていて、少し土臭さがあります。濃さにもよると思うのですが、どちらかというとお茶よりの味でウーロン茶みたいな感じもあります。何となくですが、コーヒーとはちょっと違う酸味があって、うっすらとした甘さもあります。ホットミルクを入れて飲むと、比較的にカフェオレやラテっぽい感じにもなるので、どうしても味になじめない人はミルクを入れてみても良いかもしれません。更に、チャイを追加してスパイシーさを増やす方法、はちみつを入れて甘さを増す方法、キャラメルを加えて味が甘さを増す方法などがあります。どちらにせよ、「たんぽぽコーヒー」という名前ではありますが、味はコーヒーとは別物のようですね。

たんぽぽコーヒーの作り方

てっきりたんぽぽを細かく切ってコーヒーと混ぜるとばかり思っていたのですが、今はティーバッグで販売されているようです。もはやお茶ですね。たんぽぽコーヒーは普通のコーヒーと同じで、入れ方はティーパックで淹れる方法と三角フィルターで淹れる方法の2つがあります。ティーパックで淹れる方法はお茶を淹れる時に似ていて、ティーパックの中に沸騰したお湯を淹れるだけです。あとはお茶を作る時と同じ手順でできます。三角フィルターで淹れる方法は全くコーヒーを淹れる方法と同じで、フィルターに少しずつお湯を注いでいきます。三角フィルターの方が個人的には美味しいと思います。

どこで買えるのか

ざっくり購入方法としては、ネットで検索してそのままオンラインで購入する方法と、実際に店舗に行って買う2つの方法があると思います。オンラインでの購入では、Amazonや楽天などのモールから、たんぽぽコーヒーの専門店が直接自分のサイトで購入しているところまでいろいろとありますが、レビューと値段を比較して、とりあえずは入りとして安めのものを購入するといいのではないのかなと思います。細かく見てどのたんぽぽコーヒーにするか決めたいという人は、余計な添加物が入っていないか(たんぽぽの根が100%の方がいいと思います)、産地が国産かどうかです。中国産の中にはレビューが悪いものがちらほらあります)の2点には特に注目するといいのではないかと思います。

いかがでしたか?値段もコーヒーに比べて手軽で、作るのも簡単、更に効能・効果が素晴らしいともなると、飲むしかないという感じです。特に、妊娠中や授乳中でコーヒーは避けているという方にはとてもおすすめです。ぜひ一度ご賞味下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーの実
  3. コーヒーメーカー
  4. 名古屋喫茶店モーニング
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 珈琲に合う食べ物
  10. コーヒーハウス
PAGE TOP