コーヒーの歴史と製法

コーヒーの種類 Ⅱ

コーヒーは、世界中に多くの種類が存在します。

多くの種類の中から、「炭焼きコーヒー」、「代用コーヒー」、「デザイン・カプチーノ」、「フレーバーコーヒー」、「フォームドミルク」、「ブラジル」、「ブラック」、「ブルーマウンテン」、「ベトナム」、「マンデリン」、「モカ」、「有機栽培」、「ラテ・アート」についてご紹介します。

1. コーヒーの種類 Ⅰ

・「炭焼きコーヒー」

炭火を熱源として焙煎されたコーヒーのことをいいます。

・「代用コーヒー」

大麦、とうもろこし、大豆などを使用してコーヒーに似た風味を味わう飲み物のことです。これは、戦時中にコーヒーが手に入りにくい時代に考え出されたそうです。

・「デザイン・カプチーノ」

カプチーノの泡の表面に文様やイラストなどを書いたものになります。

2. コーヒーの種類 Ⅱ

・「フレーバーコーヒー」

レギュラーコーヒーにシナモン、チョコレート、アーモンドなどのフレーバーを添加したコーヒーのことをいいます。

・「フォームドミルク」

泡立てたミルクのことをいいます。エスプレッソマシンに付属しているスチームノズルを使用して作ります。

・「ブラジル」

ブラジルで生産されるコーヒーのことです。ブラジルは、世界のコーヒー生産量第1位を誇ります。

・「ブラック」

ミルクやクリームを加えないコーヒのことをいいます。

現在では、無糖コーヒーのことを指しています。

・「ブルーマウンテン」

ジャマイカのブルーマウンテン山脈の限られた地域で収穫され、生産されたコーヒーのことです。ほとんどは、麻袋に詰めて出荷されますが樽詰めで輸出されるコーヒーです。

・「ベトネム」

ベトナムで生産されるコーヒーのことです。

現在、ベトナムは国別コーヒー生産量が世界第2位となっています。

3. コーヒーの種類 Ⅲ

・「マンデリン」

インドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種のコーヒーのことをいいます。

・「モカ」

アラビア半島にあったモカ港から出荷されたことに由来してエチオピアとイエメンの2国で生産されるコーヒーのことを「モカ」といいます。

・「有機栽培」

食べ物に対しての安全性を高めるために有機肥料だけを使用して栽培された農産物のことを指します。コーヒー業界では、JAS認定を得た各国の有機栽培コーヒーが販売されるようになりました。

いかがでしたか?

コーヒーには、たくさんの用語が存在します。

コーヒー知識を取り入れることで、毎日のコーヒーの楽しみ方が変わるのではないでしょうか?

是非、参考にしてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP