コーヒーの歴史と製法

コーヒーの焙煎度の分類と特徴

コーヒー豆を購入するときに、どこの産地かに注目すると思いますが、もう一つ。「焙煎度」にも注目してほしいです。焙煎とは茶色くなる前の「生豆」と呼ばれるコーヒー豆を煎るということで、「ロースト」と呼ぶこともあります。

苦みと酸味を左右する

コーヒーの焙煎度は、「酸味」や「苦味」を左右するといわれています。同じ豆で比べてみると、一般的に、焙煎度が低い豆は酸味が強く。一方で焙煎度が深い豆は苦みが強くなる傾向があるため、豆の焙煎度は、コーヒーの風味の印象を知る目安となるのです。

焙煎度の種類、風味の傾向

日本では「浅煎り」「中煎り」「中深煎り」「深煎り」などと呼ばれ分けられていますが、更に細かく分類することもできます。「ライト」「シナモン」「ミディアム」「ハイ」「シティ」

「フルシティ」「フレンチ」「イタリアン」という8段階の分類も使用されています。ひとつひとつ簡単に説明します。

「ライトロースト」

8段階の中で最も焙煎度は低いです。酸味が強く、苦みはほぼ感じられません。

「シナモンロースト」香りがたち始めますが、苦みはあまり感じません。しかし、良質な酸味を持つまま豆はしっかりと個性を感じられます。

「ミディアムロースト」

だいたい店頭で目にするコーヒー豆は、この辺の色合いです。酸味が中心ですが、苦みもほどよくありライトなくりあたりとなっています。

「ハイロースト」

酸味と苦みのバランスがよくとれていて、かつ甘味もあるという日本で好まれる定番の焙煎度の1つです。

「シティロースト」

ハイローストと同様に日本で好まれ多く流通している焙煎度です。濃い茶褐色で酸味は少し抑えてあり、コクをしっかり感じられます。

「フルシティロースト」

こちらも日本で好まれています。深煎りが中心だったエスプレッソですが、近年では、シティロースト、フルシティローストの中深煎りで淹れることも増えてきています。

「フレンチロースト」

茶を通り越して黒っぽい色で、表面にはコーヒーの油分がにじんでピカピカとツヤができています。苦みとコクが際立つので、ミルクや生クリームなどと相性抜群です。

「イタリアンロースト」

8段階ある焙煎度の中でも最も深い焙煎度です。苦みが強く、焦げたような香りも加えています。また、アメリカではこのイタリアンよりもフレンチの方が深い焙煎度ということもあるとされています。

焙煎度の浅いものは苦みが弱く、酸味が強い。深いものは、苦みが強く、酸味は弱いというのが基本的に言われていることです。浅煎りで特徴が際立つものや、深煎りで魅力が出てくるものなど、豆にはそれぞれ個性があります。それぞれの個性がわかったら、それに適した焙煎具合を選ぶようしましょう。8段階もあってよくわからないという人は、一度コーヒー専門店などの店員さんにきいてみると良いでしょう。親切・丁寧に説明してくれるので、次回からは自分一人でも選べるようになると思います。コーヒー豆の風味や香りなど、味の決め手となるにはこの「焙煎」の作業はとても重要です。自分が好きな飲み方にはどの焙煎度のものがあっているかがわかれば、より充実したコーヒーライフを送ることができるでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの豆知識
  2. コーヒーメーカー
  3. 沖縄のコーヒー
  4. 東京下町のカフェバッハ
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒードリップ器具
  7. コーヒーメーカー人気
  8. コーヒーミル
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの仕事
PAGE TOP