コーヒーの歴史と製法

コーヒーの歴史、伝説をひもとく

コーヒーがいつ発見され、どのように飲まれるようになったか? それはいまだに誰にもわかっていません。コーヒーのはじまりについてはさまざまな説がありますが、有名な伝説をご紹介します。

ヤギ飼いとお坊さんの伝説

昔エチオピア(当時はアビシニア)の高原に放牧されていたヤギが、ある日突然、興奮状態になり、飛んだり跳ねたりとはしゃぎだしました。暴れ回るヤギを取りしずめましたが、ヤギ飼いはなんだか不思議でなりません。僧院の院長に相談をして、翌日、ヤギ飼いとお坊さんは一緒にヤギのところに出かけて様子を観察していると、名前もわからない、見たこともない赤い木の実を食べている……。すると、ヤギは昨日と同じような興奮状態になりました。それでおそるおそる、ヤギ飼いもその実を食べてみると、なんともいえない爽快感が訪れ、気持ちも高ぶってきました。

その赤い実は不思議な効果を持つらしいとわかり、ヤギ飼いとお坊さんはひそかに愛用するようになったそうです。これを知った近所の修道院でも、夜の宗教儀式のときの眠気覚ましのためにこの実の汁を使うようになったそうです。

オマル伝説

もうひとつの伝説は、イエメンの町・モカのイスラム修道者のオマルという人物の話。町で悪病が流行したときに、オマルは町の人のために祈祷をし、美しい王女の病気までを治してしまいました。オマルはこの王女との関係を疑われ、それが王さまの不興を買ってしまい、オマルは町を追われてしまうことになりました。山の中にたどり着き食べるものもなく飢えていると、美しい鳥がオマルを美しい鳥が導きます。行きついた先で赤い木の実を見つけ、食べてみると、これがふしぎに空腹や疲れをいやしてくれたのです。

コーヒー“飲用”の歴史

上記はあくまでも“おはなし”ですが、コーヒーの起源は東アフリカやアラビア半島であることは確実でしょう。

当初は、赤い実の汁を使うことからはじまったわけですが、現在のように、果実の種を焙煎して粉に挽いてエキスを抽出するようになったのはいつごろのことなのでしょうか?

まず、コーヒーを“飲む”習慣は、10世紀前後にはじまったといわれています。最初はエチオピアで、それからアラビアヘ広がっていきました。当初はイスラム修道者たちはコーヒーを“秘薬”として利用していましたが、次第にサウジアラビアのメッカやメディナといった都市部に広まり、一般人も飲むようになりました。そんなわけで、世界で最初のコーヒーショップができたのは、イスラム教の聖地・メッカなのです。コーヒーとはイスラム教国を代表する飲み物だったのですね!

それからコーヒーは中近東に広まり、のちにヨーロッパの人たちの目に触れるようになりました。「トルコ戦争で、オーストリアのウィーンに侵入したオスマントルコ軍が、コーヒー豆を陣地に置いて逃げた」などという言い伝えもある通りヨーロッパへの最初の伝来は、「トルコからウィーン」ということになります。それからヨーロッパ中にコーヒーが広まり、各地で独特のカフェ文化が生まれたということなのです。

ちなみに、日本にコーヒーが伝えられたのは、江戸の鎖国時代の長崎(出島)といわれています。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP