コーヒーの歴史と製法

コーヒーの栽培と出荷まで

コーヒーといえば、茶褐色の豆をイメージしますが、それができるまでをご存じですか?コーヒー豆は、ただ種をまいて収穫するのではなく、いくつもの工程、何人もの人を得てやっと私たちのもとにやってきます。今回は今まであまり知らなかった、コーヒーの栽培法などをみていきましょう。

種まきから収穫まで

コーヒー豆は、コーヒーの木を育てなければ収穫することはできません。その流れを確認しましょう。

①種まき

コーヒーは「パーチメント」と呼ばれる内果皮がついた状態で、苗木や苗ポットに種がまかれます。1ヶ月半~2か月で発芽をし、40cmほどまで大きくなったら農園に植え替えられます。

②育成

農園に植えられた後、約3年の年月をかけて成木となり収穫できるようになります。長時間の直射日光に弱いため、日よけとなるシェードツリーという背の高い樹木とともに植えられ、シェードツリーかた落ちた葉が肥料になったりもします。

③開花

乾季が終わるころの雨、通称「ブロッサムシャワー」のあとに、ジャスミンのような香りのする白い花を咲かせます。雨季と乾季は場所によって違うため、開花時期はそれぞれ異なります。

④結実

花は数日で枯れて、その後小さな緑の実をつけます。6~8か月で赤くなれば収穫時期です。赤く熟した実がさくらんぼに似ていることから「コーヒーチェリー」と呼ばれています。中には黄色やオレンジのものもあるようです。

⑤収穫

収穫方法は国や農園によってさまざまですが、コーヒーの実は同じ枝でも熟し度が違っていますので、一つ一つみて、熟した実のみを手摘みしています。また、枝ごとすべての実をしごいてとったり、下に布をひいて生を揺らして落とすという方法をとる農園もあります。ブラジルなどの大きな農園では、機械での収穫も行われています。

生産処理から出荷まで

①生産処理

収穫したコーヒーチェリーは、放置しておくとすぐに果肉部分の腐敗が始まってしまうため、すぐに「生豆」にする作業が行われます。この作業のことを「生産処理」「精製」といい、主に「水洗式」「乾燥式」「半水洗式」の3種類があります。

②選別

生豆となったコーヒー豆は、異物や欠点豆が取り除かれ、サイズ別に分けられます。

③カッピング

農園や工場で香りに欠点はないかを実際に飲んで味わい確認します。商品の品質をチェックするためにカッピングという方法を用いて行います。

④出荷

チェックが完了した生豆は袋詰めされて出荷されます。主に麻袋を使用していますが、最近では輸送中の劣化を防ぐために袋も進化してきています。輸送手段は「船」が一般的で、中南米やアフリカからだと日本に到着するのは約1ヶ月程度かかります。

今回は「種まき」から「出荷」までの工程をみていきましたが、何を感じましたか?とにかく一粒のコーヒー豆ができ、私たちの手元に届くまでには長い長い年月と人の努力が詰まっているということがわかりましたね。これからコーヒー豆を見るとこの長旅を思い出して感謝の気持ちが生まれてくることでしょう。コーヒー農園の方々のコーヒーに対する愛と情熱が詰まったコーヒーです。一杯一杯正しく抽出して、コーヒーを最大限美味しく飲みましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. スターバックス
  2. 海外の珈琲の飲み方
  3. コーヒーカップの人気ブランド
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーの豆知識
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒー染め
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP