コーヒーの歴史と製法

コーヒーの“品種”の話

    コーヒーの仲間の植物は、世界に現在数十~数百あるといわれています。世界中でコーヒーとして飲まれるのは「アラビカ種」「ロブスタ種(カネフォラ種)」「リベリア種」の3つが原種といわれています。

    これより一歩進んだ知識をまとめますので、ぜひお読みください。行きつけの喫茶店のマスターやコーヒー通の人との会話が盛り上がること、請け合いです。

    アラビカ種とは?

    アフリカのエチオピアが原産といわれています。カフェで飲むもの、スーパーや焙煎屋さんで豆として出回っているものはほとんどこのアラビカ種です。味、香りともに優れており、きれいな酸味を感じさせます。ただ、これらの魅力と引き換えに、低温や高温、多雨や小雨など環境の変化や、病害虫に弱いのが栽培上の泣きどころ。

    アラビカ種の具体的な品種の一部を以下に列記します。
    これぐらいの種類を頭に入れておくと、焙煎屋さんで “銘柄指名買い”ができたり、コーヒー専門店で“ストレートで名指し注文”ができたりするようになります!

    ティピカ……アラビカ種の二大品種のひとつ。日本やヨーロッパで好まれる。

    ブルボン……アラビカ種の二大品種のひとつ。ティピカの突然変異種。

    ゲイシャ……エチオピアで発見された在来種。突然変異や自然交配を繰り返して生まれたとされる。パナマのエスメラルダ農園のゲイシャは史上最高値をつけたことも有名。スターバックスでも商品として取り入れたことがあり、そのお値段はなんと1杯2000円弱。

    カトゥーラ……ブルボン種の突然変異種。小粒だが味がよく人気がある。

    ムンド・ノーボ……ブルボン種とスマトラ種の自然交配種。

    パカマラ……エル・サルバドルで生まれた人工交配種。

    ロブスタ種とは?

    カネフォラ種の中の栽培品種がロブスタ種です。アフリカのコンゴが原産といわれています。安価なレギュラーコーヒー用に出回っています。インスタントコーヒーや缶コーヒーなどの原料になることもあります。栽培は比較的容易で、1本の木からの収量も多いです。味は、酸味がなくカフェイン成分が多く苦味が強めで、独特のクセが出やすいです。

    リベリカ種とは?

    西アフリカ原産種で、主要生産国はリベリア。生産量が極めて少なく、日本ではほとんど出回りません。

    ロブスタ種は劣るものなのか?
    安価なもの、味はいまいちなどといわれますが、需要がないわけではありません。たとえば、ドリップコーヒーではなくエスプレッソの本場イタリアでは、アラビカ種とロブスタ種を混ぜて使うのが好まれるなどといわれます。コーヒーは嗜好品なので、どれが一番おいしい、何が正解ということはありません。中高年のコーヒーファンの中には「昔ながらのコーヒーの香りが好きだから」という理由でロブスタ種を好む人もいるようです。

    また、ロブスタの生産量が多いのはベトナムですが、こちらでは濃いめに抽出したコーヒーに甘いコンデンスミルクを入れて飲むコーヒーがしゅりゅです。このスタイルにはやはり、ミルクを入れても強い風味が残るロブスタ種がぴったりと合うのです。ちなみにベトナムは、アメリカに次いで世界第二位のコーヒー大国です!

    最後に……

    駆け足でコーヒーの品種を見てきましたが、全貌がぼんやりと見えてきましたか? でも世界にはまだまだ魅力的なコーヒーの生産者がいるらしい。これからもすばらしいコーヒーがどんどん出回ってくるなんて、広がる一方のコーヒーの世界から目が離せません!

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP