コーヒーの歴史と製法

コーヒーの入れ方とコスパがいい安くて美味しいコーヒーランキング

コーヒーを楽しむにはまずコーヒーの入れ方を知らなければなりません。
こだわりが有る人は生豆を買って焙煎から初めて、とプロ顔負けの事をするのですが大体の人はレギュラーコーヒーをペーパードリップで入れるか、コーヒーメーカーを使うかでしょう。
しかしコーヒーの入れ方と一口に言っても様々な入れ方があるのです。

コーヒー豆をお湯に通すと美味しいコーヒーになる

そもそもコーヒーというのはコーヒ豆の成分をお湯で抽出した飲み物です。鍋に張ったお湯にコーヒー豆を淹れるだけで立派なコーヒーになります。
これはカウボーイコーヒーなどと呼ばれる方法で、正直に言って味も香りもそこまで良くはないのですか、西部開拓時代のカウボーイ達がコーヒーを手軽に楽しむ為に行っていた方法です。
現代ではあまりやる人はいませんが、アウトドアなどで道具をあまり持ちたくない人ないけれどインスタントコーヒーよりおいしい物を飲みたい人などがこの方法を取ったりします。

ドリップの入れ方

現在、レギュラーコーヒーを淹れる一般的な方法は紙などを使って「ドリップ」と呼ばれる方法です。
しずくを意味するこの方法はカップの上に設置したドリッパーと呼ばれる器具にフィルターとコーヒーを設置してその上からお湯を注ぎ、重力でコーヒーの成分だけを抽出する方法です。
現在家庭で行うには最も手軽で一般的な方法であり、器具も100円均一で販売される物から専門店向けの物まで様々な物があります。
因みにコーヒーメーカーというのはドリップを自動化した機械となります。

喫茶店でよく見かけた「サイフォン」

一昔前は喫茶店と言うと、ビーカーにアルコールランプをかざしてコーヒーを淹れる「サイフォン」が当たり前でした。
これはビーカーをアルコールランプで熱する事で起こる気圧の変化を利用してコーヒーを淹れる方法で、かつては淹れるコーヒーの品質を一定化できるという事で人気が有ったのですが、性能が良いコーヒーメーカーや味がもっと良いとされるドリップ式が増えてきた事で現在は業務用ではあまり見なくなり、個人のインテリアとしての人気が高いです。

紅茶用にも人気「コーヒーフレンチプレス」

コーヒーに詳しくなくても、紅茶を楽しむ方であれば円筒上のポットと中に押し込める茶こしが入ったポットを見たことがあるかとおもいます。
これは元々「フレンチプレス」というコーヒ―向けの器具だったものを紅茶用に転用した物です。
日本では最初に紅茶用として紹介された歴史がありますがコーヒー豆をいれて抑えるだけで手軽にコーヒーが楽しめるという事で、現在はコーヒー用として人気が有ります。

コーヒーを抽出する器具マキネッタ

その他の方法で有名なのはやはりエスプレッソを淹れるためのマキネッタでしょうか。直火式と電気式がありますが、基本は高圧を加えながらコーヒーを抽出する機械です。
他にもベトナムで愛好されるベトナムコーヒーや水出し紅茶を楽しむための器具、最近ではほとんど見なくなったパーコレタ―など様々な入れ方が存在します。

このようにコーヒーの入れ方といのは。長い間に沢山の地方で楽しまれてきただけあって沢山の入れ方があります。
どの入れ方が一番かというと答えが無い議論にしかならないのですが、どの方法でも一定のファンは存在しておりそれぞれが自分の好きな方法で楽しんでいます。

コンビニやコーヒーチェーン店などの激安コーヒーが主流になりつつありますが、そもそも安い理由はなんでしょうか? またコンビニやコーヒーチェーンをも上回る激安コーヒーが発売されていることも紹介したいと思います。

コーヒーチェーン店とコンビニの安価な珈琲のメカニズム

コンビニやドトールなど安さがウリのチェーン店は、どうして安い値段で提供できるのか気になっていると思います。

まずどらも機械式でマシーンを作っていることが共通しています。
機械でやると高い圧力で出すので豆の量が少なくて済むので原価率も低くなります。それにドリップ式は様々な道具が必要になり手間もかかりますが、機械式は手間もかからなくなり回転率も上がるから、安い値段で提供できると言うのもあるのでしょう。

ちなみにブレンドコーヒーの豆の原価は20円です。それに様々な処理を加える事で40円程度になり、個人店が400円で出すなら10%の費用となります。

そしてドトールなどの大手チェーンは自分で豆農園を持っているのでマージンが必要なく原価を10円以下にして200円未満で出すことが可能になっています。(ちなみに原価とは労働費や材料費など様々な工程を経た金額です。)

そして、コーヒーチェーン店よりもコンビニのコーヒーが安い理由には、喫茶店に必要な場所代や人件費(店主一人で経営するなら別ですが)、カップなどが必要ないからです。

ブルックスコーヒーが安い理由

ちなみに安い値段でお馴染みのブルックスがベストセラー商品なのはなぜでしょうか?

それは1杯30円(ブラジルとヨーロピアンブレンドの場合)もありますが、

普通のコーヒー豆専門店が1杯分8グラムで出しているのに対して、ブルックスは1杯分10グラムとしているからです。

値段の安さと一杯分の豆の量がボリューミーなことで、満足度が高くなります。またもしブルックスが、1杯60円プラス20グラムのバージョンを出しますよとしても、イマイチ感覚が掴みにくいでしょう。安い値段で心持ちボリューミーがミソなんだと思います。

お手頃価格のコーヒーメーカー一覧

他にも「「リップバッグ コーヒー 9g×200袋(個包装)」と言う商品を、税込3,218円で売っています。そこでも1杯辺り14.9円になり、このサイト上でも豆の量が多いから美味しいと謳っています。

また他にもそう言ったタイプはいっぱいありますが、さらにはコーヒー豆専門店 澤井珈琲では激安1円コーヒーとして売られています。

昔、ある長寿少年漫画でおにぎりの価格競争を繰り広げて一円よりも安くなったと言う話がありましたが、マンガの世界に現実が近づいている印象です。

コーヒーメーカーはブラック企業なのか

メーカーの具体名は出しませんが、こうやって安い値段でコーヒーを出しているメーカーの中で、数社がブラック企業と言われています。

安い値段で提供している場所どれもがそうだとは思いませんが、安い値段で提供しているのは何らかの犠牲があるのかもしれません。

人件費など様々な手間隙がかかっている原価が30円で、それよりも安い値段で商品として提供していると思うと・・・、複雑な気分になります。 あなたが開業する喫茶店が、例え安くてこちらの満足度が高くても、実態がブラックじゃないことを祈ってこの文を閉じたいと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの仕事
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーの効果
  4. カフェの仕事
  5. コーヒーメーカー
  6. カフェ・喫茶店のチェーン店
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 珈琲に合う食べ物
PAGE TOP