コーヒーの歴史と製法

コーヒーのい・ろ・は 豆の名前からブレンドまで

コーヒー豆の名前からお湯に出すまでの工程。またブレンドについて説明しています。これを読めばあなたは少し”コーヒー初心者”から抜け出せるでしょう。

・コーヒーの名前について

コーヒーの名前は豆が生産国や山の地域や輸出の際の出荷港で呼ばれることが多いです。

ブルーマウンテンコーヒー」ならブルーマウンテンと言う山で採れた豆を使ったコーヒー。(ちなみに生産国はジャマイカで『ジャマイカブルーマウンテンコーヒー』と呼ばれることもあります。)

「モカコーヒー」なら港のモカで輸出されたもので、強い酸味に特徴があります。

・コーヒー豆はそのままでは使えません。

またコーヒー豆はそのままでは使えません。豆の挽き方で味が変化します。挽くとはつまり豆の粉砕の仕方です。コーヒー豆をそのまま何もせず使っても、黒いのが出ないのはイメージ出来ると思いますが、挽くのがコーヒーの大前提です。コーヒーの粉は『挽いた』ものになります。

そして粗挽きは砕いたコーヒーの粒が大きくは苦みが少なく飲みやすい味になります。
細挽きだと苦みと渋みもあると、多くの人がコーヒー対して持っている通りの味になります。

またコーヒー豆は茶色いイメージがあると思いますが、それは生豆から火で煎ったものです。それを焙煎(ロースト)と言いますが、煎く前の状態は薄い白色です。焙煎の大前提になります。

まあ焙煎の仕方にも違いがあります。焙煎の仕方とはつまり火で強く煎るか弱く煎るかになります。

浅煎りをすると火での煎り方が弱く、薄い茶色になり味としては酸味が強くなります。
深煎りをすると火での煎り方が強く、濃い茶色になり味としては苦みが強くなります。

・お湯の温度について

コーヒーの粉にかけるお湯の温度が低いと、あまり旨味成分が出なくなりますが苦味を抑えることが出来ます。

お湯の温度が高い場合、一気に旨味が引き出されます。
しかしあまりにもお湯の温度が高く時間をかけると、不必要なものも引き出されて不味くなります。

さてここまでは割りと初歩的なことを紹介したと思いますが今度は、少し突っ込んだは話をします。(ブレンドについてのちょっとした基礎知識です。)

・ブレンドとは豆を組み合わせること

まずストレートは砂糖とミルク無しでのことも指しますが、コーヒー豆を一種類しか使っていない状態も指します。

コーヒーは複数のコーヒー豆を組み合わせて自分好みの味を追及することが珍しくありません。ストレートではとにかく、産地ごとのコーヒー豆の味わいを楽しむためのものです。

つまりブレンドはストレートとは反対にコーヒー豆を複数組み合わせることです。

・ブレンドの基本的なルール

ブレンドにも基本的なルールがあります。

まずブレンドの基本はベースとなる豆があることです。ここで酸味と苦味など自分好みの味を決めることになります。

ベースとなるコーヒー豆と、味の傾向が似ているものばかり選ぶと、酸味や苦味などのコーヒーの味の特徴が変に強くなり、美味しくなくなります。

またコーヒー豆によって配合の割合を変えたほうが良いです。基本的に同じ比率でブレンドするとどちらの個性もあまり活かせなくなり単調な味になる

組み合わせるのは3~4種類ぐらいがベターです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP