コーヒーの歴史と製法

コーヒーと身体の関係について

コーヒーの最も特徴的な成分として皆様がご存じの通り、カフェインが上げられます。
一般的な効果としては「眠気覚ましなどの興奮作用」、「利尿作用」、「二日酔いの対処」などが知られています。その他にコーヒーにはどのような効果があるのでしょうか?

①カフェイン

1-1, 「眠気覚ましなどの興奮作用」、「利尿作用」
効き目は微かではありますが、カフェインにはすっきりした目覚めを誘発させたり、血液促進による利尿促進といった効果があります。また、血流促進によって、体温が上昇し体脂肪の燃焼に繋がり、コーヒー自体がノンカロリーのでダイエット効果にも期待されています。

コーヒー1杯には、2時間程の血流をよくする効果があります。心臓の拍動を高めて血流をよくし、また朝が弱い低血圧の人には、活動的にする効果もあります。
では、高血圧の人に悪いかと言うと、そうではありません。コーヒーには毛細血管の拡張作用があるので、末端の血管を開かせ、血流をよくし、高血圧の人には血圧を下げる働きがあるのです。
1-2, 「二日酔いとの関係」
前日に飲んだアルコールがアセトアルデヒドという代謝物に変わってなかなか酸化せずに神経を刺激し続けるため、二日酔いになります。そこカフェインを摂取することで、アセトアルデヒトが炭酸と水に分解され、さらに利尿作用によりお酒が抜けやすくなるのです。
1-3, 「計算能力を高める」、「運動能力を高める」
カフェインを摂取することで、ドーパミンやアドレナリンが放出されます。
これらの栄養素に活動により、脳が覚醒状態になり、集中した状態を作り出すことができます。
1-4, 「自律神経を高める」
頭を使ってイライラしているときは交換神経を使って、自立神経のバランスを保とうとしているのです。
そこでカフェインを摂取することにより、自立神経を高め、気持ちを落ち着かすことができます。
1-5,「運動効果の促進」
運動の1時間前に飲むことで、その運動効果を最大限に伸ばすことができます。また、筋肉痛を和らげる効果もあります。

②クロロゲン酸

2-1, 「がんの予防」
コーヒーに含まれるクロロゲン酸が肝臓がんの発生を抑制したという報告がされており、すでに検証されています。

③ポリフェノール

3-1, 「動脈硬化を予防」
動脈硬化とは「悪玉コレステロール」の増加による「善玉ポリフェノール」とのバランスが崩れることが原因で起きます。
そこで、コーヒーポリフェノールが「善玉ポリフェノール」の増加を助け、バランスを取ってくれるのです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP