コーヒーの歴史と製法

コーヒーって何の実か知ってる?コーヒーの木とコーヒ豆の話

    コーヒー飲料というのは、豆からドリップした本格的な物に始まりインスタントコーヒーに缶コーヒーと様々な物があり、それぞれ様々な人に楽しまれています。
     このコーヒーというのはすべてコーヒー豆から生み出されるのですが、「コーヒー豆って何からとれるのか」という事になると知らない人も多いと思います。
     そこでここではコーヒーがどんな植物からとれるのかという事を紹介してみたいと思います。

    コーヒーが取れるから「コーヒーノキ」

     コーヒー豆は、「コーヒーノキ」の果実を加工した物です。
     このコーヒーノキというのは日本語で言えば「コーヒーの木」というそのままな名前なのですが、学名も「Coffea」でありそこまで違いはありません。
     このコーヒーノキの果実にはカフェインが含まれており、大昔から薬用などに使われてきたとされています。
     因みにコーヒーノキ自体は国内でも観葉植物として人気があり、100円ショップなどでも手に入れる事が出来ます。
     寒さに弱いという事で冬の間は室内での生育が基本となるなど、少々手間がかかりますが観葉植物の中では育てやすいという事で初心者にもおすすめされる品種です。
     ただ花を咲かせて実をつけさせようと思うとかなり難しくなるようで、豆の収穫まで至ったという人は少ないようです。

    生豆を焙煎してコーヒー豆に

     コーヒーノキの果実は花が咲いてから九カ月程度で熟します。
     この熟した豆を収穫したのがコーヒーの実なのですが、コーヒー豆として提供されるまでに大きく分けて二つの段階を挟む事になります。
     まずこの収穫した豆から果肉と内果皮の部分を取り除いた物が、コーヒーの「生豆」と呼ばれる物です。
     一般的に生産している現地ではこの生豆の段階まで加工を行い海外に輸出し、輸入した国が焙煎を行って消費者の提供します。
     なので消費者にとって市場でよく見かけるという物ではないのですが、喫茶店やコーヒーショップなど自分で焙煎を行う業者に対してはこのまま販売されますし、こだわりがある個人の方向けにネットショップなどでは通販で取り扱っている事があります。
     またまだ一般的ではありませんが、健康食品の一種として「グリーンコーヒー」と言う名前で生豆のまま入れたコーヒーを提供するお店も増えてきました。
     この生豆に対して焙煎(火を使って煎る)という過程をへて提供されるのが消費者が一般的に考えるコーヒー豆であり、正確には「焙煎豆」と呼びます。
     この焙煎をどれだけやるかで風味は変わってきますし、生豆でも一年置いたものと収穫して新しい物では味や香りが全く違います。
     最終的には人の好みによってどれが良いか変わるという事になるのですが、コーヒー好きの方は自分が好きな豆や焙煎を日夜探していますし、メーカーも大衆に受ける豆や焙煎、ブレンドの方法などを研究しており本格的に嵌りだすと終わりがない世界となっています。

     コーヒーというのは缶コーヒーで手軽に楽しめる物から、こだわりが有る喫茶店で楽しめるいっぱいまで味も香りも様々な物が有ります。
     最近ではコンビニで本格的なコーヒーを楽しめようになったり、香り付きのフレーバーコーヒーが販売されるなど商品はどんどん増えてきているのですが、それらはすべてここから始まります。
     日常で楽しんでいるコーヒーがどんな所から始まっているか、というのを調べてみるのも面白いのではないでしょうか?

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP