コーヒーの歴史と製法

カフェインレスコーヒーについて

    カフェインレスコーヒーとは、コーヒー生豆からカフェイン成分を90パーセント以上除去したコーヒーのことを言います。カフェインレスコーヒーは、欧米では健康上の影響から広く受け入れられています。日本においても、健康志向の高まりに伴い徐々に広まっています。

    1. コーヒーに秘められた底力

    普段からコーヒーを飲むようになったのは、15世紀後半です。イスラム僧侶が夜な夜なお祈りを捧げるため「眠け覚まし」、「活力を生み出す」秘薬として飲まれていました。コーヒーの薬効成分は、カフェインのイメージが強いです。カフェインの効能は、眠け覚ましや興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などです。しかし、現在は、「ダイエット力」、「不老力」、「活性力」など健康への効果が多く見つかっています。

    ・「ダイエット力」

    肥満を防ぎ、ダイエット効果をあげます。カフェインの効果により脂肪細胞が活発になり脂肪が燃えます。

    ・「不老力」

    糖尿病の予防や血液がサラサラになります。何より血管を若く保ちます。また、体のさびつきを抑え、がんを予防します。

    ・「活性力」

    計算能力や記憶力の向上、リラックス効果に期待できます。

    2. 1杯のコーヒーに含まれているカフェイン

    1杯のコーヒーには、50〜120mgのカフェインが含まれています。1日に5杯以上コーヒーを飲む人は、過剰摂取にならないように注意が必要です。特に注意が必要な人は、妊産婦、胃炎治療中の人、パニック症候群の人、抗うつ薬を服用している人、小児の人です。逆にオススメな人は、妊娠、授乳中の人、飲むと眠れなくなる人、健康上控えている人、などです。

    コーヒーからカフェインを抜く方法は、3種類あります。

    化学薬品による抽出方法、二酸化炭素による抽出方法、水による抽出方法です。

    これらの中でも、水による抽出方法が薬品を使用しないため安心して飲めます。

    3. 認証コーヒー

    未来のことを考え、自然環境や人々の生活を良い状態に保つことを目指し生産・流通されたコーヒーのことを「サスティナブルコーヒー」と呼びます。

    生産地域の自然環境の保護・再生、無農薬栽培の推進、生産者の収入の安定化、トレーサビリティーなどの特徴があります。

    コーヒーを通して広がるサスティナブルな地球環境への貢献は、地球を守り、生物多様性を守り、同時に人々の生活向上へつながります。

    いかがでしたか?

    カフェインレスコーヒーを飲むことで、様々な健康効果に期待することができます。

    過剰の摂取は注意が必要ですが、適度に飲むことで良い効果を得ることができます。

    是非、参考にしてください。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP