コーヒーの歴史と製法

インスタントコーヒーを知る喫茶店は面白い。あなたの核となる話

喫茶店を経営する時、インスタントコーヒーの話を知っておくのは損でありません。肝心なのはそう言う話も出来た上で、その喫茶店の魅力も知ってもらう事です。

今回はインスタントコーヒーの基本的な内容を学びましょう。

・100均のインスタントコーヒー?

100均で買える50gのインスタントコーヒーはトルコ産やエジプト産など、質の低い豆が使われていることが多いです。

小麦粉の臭いがしたり、粉が細かいとまで言われています。実際に飲んでみると味が薄い。普段使う数百円のインスタントコーヒーの美味しさが分かります。

眠気覚ましとして使える程度で、少なくとも職場でみんな用に使えるものではありません。

ただ勿論毎日飲んでも健康上のは問題はないし、コストを抑えるのに特化したものでこれ以上のものは考えられません。

実際、ドルチェグストが一杯50円だったりバリスタが一杯10数円だったりします。

頻繁に飲んで予算を抑えたい方は、購入を考えてみてもいかがでしょうか?

・インスタントコーヒーの美味しい入れ方

そこでやはり数百円のちゃんとしたインスタントコーヒーの方が職場にピッタリと言うことになります。

職場でコーヒーに気を遣い、名誉を得たい場合には以下の美味しいインスタントの入れ方を学びましょう。

まずは90℃のお湯くらいが良いです。きれいに白い泡が広がり、良い香りが漂ういます。なおカップを事前に温めておくと、美味しさがキープ出来ます。スプーン1杯に約1.5g、お湯は140mが適量です。

またインスタントコーヒーの粉は粉が大きめの方が良いです。スプレードライ製法と言うのが昔は多かったのですが、今はスプレードライ製法が取って代わりつつありあります。

使う水は硬水より軟水の方が味が引き立てやすいですが、日本の水道水は大抵が軟水なのでそこまで気にする必要ありません。

なお鮮度は1か月くらいですが、職場で使いたい場合なら1か月くらいで使い切ることが多いでしょう。

もし2か月など長く時間がかかるなら、その職場はコーヒーにそこまで興味のない場所と言う事になるので、そこまでインスタントコーヒー購入について考える必要はありません。(勿論そんな事お客さんに言えるはずはありませんが。)

・喫茶店はいつもと違う場所を提供するものです

では、喫茶店の意義とはなんでしょうか? まずコーヒーを300円で売ったらまず生活できません。

それに先ほどの100円インスタントコーヒーはともかく、缶コーヒーやコンビニのコーヒーなど、値段が安い割に味が良いと支持されてるのが多いので、そっちの方が美味いと思われたらダメです。

また喫茶店は店自体の雰囲気も楽しませるものなので、最低限そう感じさせる雰囲気を作らないといけません。

そしてコーヒーには場所の提供料も含まれていると考えても良いでしょう。

喫茶店は職場や自宅でもないいつもと違う空間でゆっくり出来る場所として、間違いなく利点がある部分があります。 先ほどの缶コーヒーやコンビニにはあまり真似できない芸当になります。
まとめると100円のインスタントコーヒーから喫茶店まで、それぞれの利点がありますが、喫茶店の経営と言う視点で言うと「やっぱり喫茶店で飲むのも良いよね。」と最終的に思わせなくてはいけません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. イタリアのカフェ
  3. コーヒーの入れ方
  4. コーヒーカップブランド
  5. コーヒー豆一人前
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーベルト
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP