コーヒーの歴史と製法

インスタントコーヒーは万能!? 美味しくなる方法と不思議な話あれこれ

    普段は豆から淹れて飲んでいても、忙しい時など億劫に感じてインスタントコーヒーに頼る方もいると思います。またコーヒーを普段は飲む機会がない人も、インスタントコーヒーをお薦めします。なぜならインスタントコーヒーもその「入れ方」によって格段に美味しくなるからです。今回はそんなインスタントコーヒーが美味しくなる方法を順を追って見ていきたいと思います。

    ・粉を練ると格段に美味しくなります。

    まず水で練れば美味しくなります。詳細はまず粉をカップにかけ、小さじ一杯ほどの水を入れてスプーンの背でかき混ぜます。
    そしてお湯を入れるとドリップコーヒーのような味と香りが楽しめると言われています。またココアなど他の粉末状にしてある飲み物にも有効な方法です。

    そしてインスタントコーヒーは粉の見た目で購入を判断したほうが良いです。
    インスタントコーヒーは大きく分けてフリーズドライ製法とスプレードライ製法に分かれますが、フリーズドライの方が美味しいです。
    反対にスプレードライのほうは値段が安い分フリーズドライより味とや香りに劣っています。
    フリーズドライはスプレードライよりも粉が大きく、比べれば一目瞭然で分かるほどなので店頭でチェックしましょう。

    そしてお湯は80~90度くらいが一番飲みやすいと言われています。温度が高いと苦味が増し、逆に低いと酸味が強くなります。カップを温めるとより飲みやすくなります。これは豆から淹れる方法と同じように言えますね。

    ・他の美味しくなる方法

    他にもテフロン加工のフライパンに入れて弱火で少し温めるだけで、香ばしさが増します。(ちょっと焦げた程度で良いです。)

    くた上のような方法が少し面倒だと感じる場合は電子レンジで温めてみてはどうでしょうか? 酸味と苦味のバランスが良くなります。 またお湯じゃなくて水を入れて電子レンジで温める方法も有効です。

    ちなみにインスタントコーヒーも軟水を選んだほうが良いです。軟水の方が美味くなりますが、日本の水道水は大抵が軟水なのですが、地域によって差があるので、軟水のミネラルウォーターを買うのも良いでしょう。
    ちなみに硬度50度以上の方が必要以上に加熱していないので美味しいとされています。

    ・インスタントコーヒーに麦茶?

    ちなみに見出しの通り、インスタントコーヒーと麦茶には不思議な関係があります。麦茶やほうじ茶、塩を入れると美味しいと言われています。

    インスタントコーヒーの粉をほんの1から2グラムだけ入れて、少しのお湯で溶かした後、水を入れ氷も投入すれば麦茶のような味になります。
    また麦茶にインスタントコーヒーの粉を小さじ一杯分程度に入れれば、香りが増します。

    そしてお湯の代わりに、温めた麦茶をインスタントコーヒーの粉に入れるのも悪くない。またその麦茶の代わりにウーロン茶で入れると美味しさが格段に増します。他にもインスタントコーヒーに合う他の飲料があるかもしれません。

    このように見てみるとたかがインスタントコーヒー、されどインスタントコーヒー。麦茶など様々なものに代用できてインスタントコーヒー自体の味を引き出す方法も色々あるのが分かったと思います。この記事がきっかけであなたのコーヒー生活がより楽しくなれるよう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    PAGE TOP