コーヒーの歴史と製法

インスタントとレギュラーが意味不明! 分からなくなった時の対処記事

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーのことがよく分からなったと言う場合はこの記事を読むと良いです。おさらいになりますし、またドルチェグストとバリスタの事も書かれていますのではっきりと区別を付けられるようになります。

・インスタントコーヒーとレギュラーの基礎知識

インスタントコーヒーとレギュラーの基礎知識をおさらいしましょう。
まずインスタントコーヒーはお湯で溶かし、レギュラーコーヒーはお湯で入れます。

インスタントコーヒーは作る工程としては焙煎したコーヒー豆からコーヒー液を抽出し、さらにそれを乾燥させ粉末状にすると言う複雑な手順を経ます。
インスタントの利点は場所を取らずゴミもあまり出ませんしお財布に優しいですが、その複雑な手順のためかコーヒー本来の風味と香りはあまり感じられません。

反対にレギュラーコーヒーは焙煎した豆からコーヒー液を抽出するので、インスタントコーヒーと違い豊かな味と香りが楽しめます。

ただインスタントコーヒーと違いすぐには飲めず、道具のスペースの書くほうが必要です。豆以外の消耗品も多くあり、味も入れ方によっては安定しません。

なおレギュラーコーヒーはUCCが作ったようです。確かにUCC以外でこの言葉を聞いたことがないような気がします。

・レギュラーコーヒーは手軽特化

ユーザー間でもレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの味は一目瞭然です。レギュラーコーヒーはお湯の重さだけで味を出すので一番自然なやり方と言えますし、私としてもインスタントコーヒーの味は”偽物”と言う味だと思っています。

しかしそれでもインスタントコーヒーが多く出回っている理由は何でしょうか? それはインスタントコーヒーの方が圧倒的に手軽だからです。

上の見出しを読んでもらうと分かるように、ギュラーコーヒーはそれほど手軽ではありません。

またコーヒーをいれる時間としても、私のように仕事しながら飲むなら、インスタントコーヒーのような時間のかからなさに勝るものは、コーヒーに限って他にはありませんし、これからも現れることはないと言っても良いでしょう。

・ドルチェグストとバリスタの味と手軽さ

ちなみにドルチェグストとバリスタの方は手軽さと味の面でどうでしょうか?

まずドルチェグストは専用カプセルが必要です。味はインスタントコーヒーより美味しいですが、レギュラーコーヒーには劣ります。

水を入れて1、2分待つだけでコーヒー出来あがりますが、ただそれをするために最初は色々とセットをしなければなりません。(インスタントコーヒーのように買って開封してカップにポンッではすみません。)また意外にゴミが結構出るうえ、ゴミの分別も大変なようです。

続いてバリスタの場合はどうなんでしょうか? パリスタもすぐには出るのでず抽出時の音が大きいのが欠点です。(ドルチェグストも同じですね。)
ただ1杯約14円と言う安さは格別です(ドルチェグストでは一杯約50円もかかります)

・ドルチェグストとバリスタは中間

以上の観点からでも、インスタントコーヒーに勝る値段の安さとコーヒーの手軽さに勝るものはないと言っても過言ではないのです。ただ味はインスタントコーヒーはあくまで偽物の味しか出ないかなと個人的は思いますので、レギュラーコーヒー並の美味しさとインスタントコーヒー並の手軽さが良いのなら、ドルチェグストとバリスタで良いのかなと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー効果
  2. コーヒーメーカー
  3. 珈琲に合う食べ物
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーハウス
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒードリップ道具
  9. コーヒーメーカー
  10. 沖縄のコーヒー
PAGE TOP