コーヒーの歴史と製法

このコーヒーは後回し!上手な保存方法

コーヒー豆をどうしても余らせてしまうと言うことがあると思います。そんな時に困るのは保存場所です。

まず結論から言えば、すぐに飲むなら常温保存。そうじゃなければその期間に合わせて冷蔵庫か冷凍庫が良いです。
なぜ、そうなのか? 詳しく見ていきましょう。

・まずはコーヒー豆で保存しましょう。

まず常温でも冷蔵庫か冷凍庫でもどちらでも言えることは、予め挽かれてパックされているものより豆として売られている方が良いです。なぜならパックされたものは焙煎から時間が経っていることになりその分、新鮮さが落ちているからです。

・常温保存が一番です。

飲みきりまでの期間が一週間位ならば常温保存がお薦めです。まず下でも書いてますが、冷蔵庫か冷凍庫なら特に匂いに気をつけなければいけないですし、新鮮さはどうしても落ちてしまうからです。常温保存なら絶対に落ちないと言うことは勿論ありませんが、ここで紹介されているものの中でこの方法が一番ベターであるのは間違いありません。

常温保存なら直射日光に当たらず、また湿気と酸素の影響を受けない場所が良いです。
その場合は熱の影響を受けづらい食器棚の下などが妥当です。ちなみによくそう言う上の影響を受けない場所は「冷暗所」と呼ばれていますが、冷暗所と言うのは別名みたいなものでそう言った名前の付けられた場所は存在しません。
自分で日光や湿気などを避けられると思う場所を探した方が本当は良いかもしれませんが、探しにくいのが現実だと思うので食器棚の下などが該当しているかなと言う感じです。(納戸でも良いです)ちなみにその「冷暗所」となる条件は暗さもある程度あった方が良いです。

・長期間なら飲みきりまでの期間に分けて冷凍庫か冷凍庫かで保存。

豆は約一か月で使い終わるものは冷蔵庫で保存、一か月以上かかるのなら冷凍庫保存が良いです。

なお冷蔵庫や冷凍庫どちらで保存しても香りが落ちることに変わりはありませんが、プライベートで飲む分には気にするほどではないようです。()もし、それでもコーヒーの香りが明らかにないなと思った場合は、半年など長い間保存していたか、保存した時点で古いか、豆自体の品質か焙煎仕方が悪いものになります。

冷蔵庫や冷凍庫での保存でも匂いが移らないように、密閉容器に保存することをお薦めします。なぜならコーヒー豆は匂いを吸収しやすいからです。
ですがその保存でも缶やビンで保存するとやはり面積を大きく取ってしまいがちです。そこで袋に入れてクリップで止めた後、チャックの付いている袋にそれごと入れて保存しましょう。ちなみに冷凍庫で保存しても、取り出した冷たさが取れるまで待つ必要はありません。冷たいそのままで挽いても問題ありません。たまにちょっと固まりが出来ていることもありますが、押すだけで大丈夫です。また冷蔵庫や冷凍庫から出す時は結露に気を付けましょう。

・これでの保存はNG

ちなみに真空パックの保存はお薦めしません。 酸化前のコーヒーは呼吸をしてているので、真空パックをするとその呼吸を止めることになるからです。(チャックの付いている袋イコール真空パックでありません。)
ちなみに酸化しているかどうかは自分で飲んで判断するしかありません。ただ、冷めていると分かりやすくなるようです。

・保存は新鮮さを保証するものではありません。

最後に保存は長期間やるものではなくて、あくまでその期間内で美味しく頂くためにする処置です。新鮮さを保証するものではありません。

いずれにしろコーヒー豆は早く使い切るのが一番です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 名古屋喫茶店モーニング
  2. インスタントコーヒー
  3. 東京の人気老舗喫茶店
  4. コーヒードリップ器具
  5. コーヒー豆一人前
  6. ロンドンのコーヒーハウス
  7. コーヒー豆
  8. 東京の人気老舗喫茶店
  9. カフェ開業
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP