コーヒーの歴史と製法

おうちコーヒーは、淹れ方次第で楽しさ無限大!

    カフェでいただくコーヒーはおいしいものですが、自宅で淹れるコーヒーも素敵です。今までは特に意識せずに淹れていた「おうちコーヒー」を何倍にもおいしくするコツを、みなさまにお届けします。

    豆の挽き方(細挽き~粗挽き)がまず大事

    まず最初に、コーヒー豆について知識を深めましょう。

    コーヒー豆とは、コーヒーチェリーという赤い実の種を焙煎したもの。これを挽いて粉にし、お湯を注いで抽出されたエキス分がコーヒーになります。

    豆を粉にするとき、粒子が細かければ(細挽き)濃厚な味わいになり、粒子が粗ければ(粗挽き)あっさりとした味わいになります。「強め(濃いめの焼き色)に焙煎された豆は、細挽きにすると苦すぎるから粗挽きにしよう」「弱め(薄めの焼き色)に焙煎された豆は、粗挽きにすると味が薄すぎるので中挽き~細挽きにしよう」などと、何度か試しながら自分好みの味を探っていきましょう。細挽きとはひと粒が0.5mm以下(グラニュー糖ぐらい)、粗挽きとは0.8mm以上(ザラメ糖ぐらい)が目安です。豆を挽くのは、3000円ぐらいで買える縦型の電動のもので十分です。

    淹れる「器具」によって味は変わる

    ペーパードリップ

    フレンチプレス

    次は器具の話。

    おうちコーヒーには、「ペーパードリップ」「フレンチプレス」「水出し」がおすすめです。

    まず、「ペーパードリップ」。ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、粉を入れ、ドリッパーをサーバーに乗せます。粉にお湯を注ぎ、抽出します。安いものなら、器具をイチからそろえても1000円ぐらい。手軽で安価ですが、ペーパードリップを採用するカフェも多いことから、おいしいコーヒーが淹れる方法としては優れているといえます。

    コツは点滴のようなイメージで、お湯を一滴一滴ゆっくり粉に落とすことです。次に「フレンチプレス」。専用の器具が必要ですが、器具の中に粉とお湯を入れ、金属フィルターでギュッと押し込むだけなので扱いは簡単。また、ペーパーで漉したりしないため、うまみを閉じ込めた油分(コーヒーオイル)まで抽出されコクのある一杯になります。最後に「水出し」。これは、コーヒーの粉を市販のだしパックに入れ、適量の水とともに麦茶ポットのような容器に入れて待つだけ。フレンチプレスよりもさらに簡単ですが、雑味が抽出されずクリアな味わいになります。

    日本の水道水はコーヒー向き!?

    意外と知られていませんが、コーヒーの水は日本の場合は「水道水」がベスト。ただ、ポット型などの簡易的なものでいいので浄水器を通した水だと安心です。「〇〇の名水」のような名前で市販されるミネラルウォーターは、硬度が高いなどの理由から実はコーヒー抽出には向きません。

    好きなうつわで飲めばおいしさ倍増

    最後にうつわ。自宅で飲むからこそ、好きなうつわを選ぶ楽しみがありますよね。

    基本的にはどんなものを選んでもかまいません。飲み口の厚さ、薄さは好き好きなので気に入ったものを。

    ただ、コーヒーを注ぐ前に温めておくことは重要です。こうすると、せっかくアツアツに淹れたコーヒーが冷めにくく、長く温かいコーヒーを楽しむことができます。フランス料理店などでは温かい料理をサーブするときにお皿を温めますが、コーヒーも同じなのです。陶器、ガラスのコーヒーカップやマグカップは、コーヒーをサーバーへ抽出している間に、熱湯を入れて予熱しておくことをおすすめします。

    最後に……

    いかがだったでしょうか? 奥深いコーヒーの世界ですが、ちょっと知識があるだけでいつもの一杯が格段においしくなります。ホッとひと息つける豊かな時間を、一人で家族で、ゆっくりと楽しんでくださいね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP