コーヒーの効果

コーヒーを飲みすぎると貧血になる?

コーヒーには沢山の成分が含まれており、それらが身体に与えるメリットもさまざまなものがあります。しかし、飲みすぎてしまうと逆に体に悪影響を与えてしまうことがあるのです。その中に一つに鉄分不足になるというデメリットがあります。今回は、コーヒーが鉄分の吸収を阻害して、貧血などの原因となる可能性について書いていこうと思います。

コーヒーが鉄分の吸収を妨げる

コーヒーに含まれる成分に「タンニン」と呼ばれる成分があります。これはポリフェノールの一種であり基本的には体に良いものなのですが、タンニンには鉄分の吸収を阻害する効果があります。ちなみにこのタンニンはコーヒー以外にはお茶や赤ワインにたくさん入っていることで知られています。タンニンがコーヒーやお茶の苦味の成分とも言われており、タンニンが鉄分と出会うと、タンニン鉄となります。タンニン鉄は水に溶けにくくなり、結果として腸内で鉄分の吸収が妨げられてしまうのです。また、牛乳に含まれる成分である「カルシウム」も同様に鉄分の吸収を阻害してしまいます。そのため、コーヒーと牛乳の組み合わせ、「カフェラテ」や「カフェオレ」などは鉄分の吸収を阻害してしまうのです。

コーヒーを飲みたいけど鉄分は阻害したくない人向けの対策

コーヒーを飲むと鉄分の吸収が阻害されてしまいます。しかし、コーヒーを飲むと必ず鉄分不足で苦しむのかというとそういうわけでもないのです。何事も程度が大事であり飲みすぎた場合、適正量を超えた場合は生をつた法が良いですが、一日に1~3杯ほどでしたら特に問題ないかと思います。しかし、深刻な貧血にもともと悩んでいてよく倒れてしまう人は注意した方がいいでしょう。対策としては以下が挙げられます。

①ご飯を食べてから1時間後にコーヒーを飲む

こうすることで、鉄分の吸収を阻害されることなくコーヒーも飲むことができます。

②深煎りのコーヒーを飲む

浅煎りではなく深煎りのコーヒーを飲みましょう。コーヒー豆を焙煎すればするほど、鉄分の吸収を阻害するタンニンの成分がなくなっていきますので、しっかりと焙煎された深煎りのコーヒーを飲むことで鉄分の吸収阻害をできるだけ少なく抑えることができます。

③たんぽぽコーヒーやチコリコーヒーなどで代用する

これらはコーヒー風の飲み物ではありますが、コーヒー豆を使用していません。ただし、味がコーヒーとは別物なので嫌いな人は嫌いな飲み物です。たんぽぽコーヒーもチコリコーヒーも「コーヒー」という単語が使われていて、味も似せてきてはいますが、あくまでコーヒー豆は使っていないので別物感があるのは間違いないです。

④鉄分のある食べ物を日頃からたくさん食べる

鉄分が多い食べ物の中でも、「ヘム鉄」と呼ばれるものである、牛、鶏レバー、豚などはそのまま食べても十分に鉄分が吸収されます。一方で、鉄分が多い食べ物の中でも「非ヘム鉄」と呼ばれる、ほうれん草、ひじき、小松菜などはそのままでは吸収できず、ビタミンCや動物性のタンパク質と一緒に食べると効果的に吸収することができます。

いかがでしたでしょうか。どんなものにもメリット・デメリットがあります。コーヒーを飲み過ぎてしまう人や貧血気味の人は注意が必要です。適正量を守り、美味しくコーヒーを飲みましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. ハワイコナコーヒー
  2. コーヒーメーカー
  3. 銀座喫茶店ルノアール
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーのかす
  7. カフェ開業
  8. コーヒーベルト
  9. NEWoManニュウマンカフェ
PAGE TOP