コーヒーの効果

犬を飼っている人は要注意!コーヒーが犬に与える影響

コーヒーにカフェインが含まれていることは有名ですが、カフェインをあまりにもたくさん取りすぎるとカフェイン中毒になってしまいます。近年、エナジードリンクを飲みすぎて死亡してしまったといったニュースがありましたが、カフェインは適度に取らなければ身体に危険を及ぼします。これは動物についても同じことが言えます。特に他の動物と比べ、犬の場合には少量でもコーヒーを飲むととても危険な状態になることがあると言われています。今回はそんな犬とコーヒーとの関係について、犬がコーヒーを飲むとどうなるか、犬とコーヒーの相性が悪い理由、万が一飲んでしまったらどうすれば良いかなどについて書いて行こうと思います。

犬がコーヒーを飲んだ時に現れる症状

犬がコーヒーを大量に飲んだ場合には致死量となることがあります。人間でも飲みすぎると様々な影響があるコーヒーですが、犬は人間よりも体が小さいため、少量のコーヒーであっても、コーヒーを飲んでから1時間〜2時間ほどで興奮しているような状態になり、下痢、嘔吐、ふらつきが見られることがあります。個体差にもよりますが、もっと症状がひどい場合には呼吸困難のような状態になることもあります。水のように大量に飲んでしまった場合には状況が悪いと死に至ることもあるのでうっかり飲んでしまったでは済まされません。少量でも目でわかるような変化が犬には表れるので注意してあげることが重要です。

犬がコーヒーを飲むと体調が悪くなる理由

理由はいろいろとありますが、基本的には人間と同じであり、コーヒーに含まれているカフェインの成分を取りすぎると体調が悪くなるためです。人間でもカフェインによるデメリットはたくさんあるのです。人間の場合には1日に3杯前後が適正量とされていますが、実際は体格差によってその量は変わってきます。これは犬でも同様、犬の場合には体格が人間に比べると極めて小さいので人間と同じ1日3杯というのは多すぎます。また感受性も人間とは違うので、たとえ少量のコーヒーであったとしても影響しやすく、カフェイン中毒になりやすいと言われています。

犬はどれくらいの量のコーヒーまでだったら大丈夫なのか

具体的に犬が飲んでも大丈夫なコーヒーの量ですが、これは個々によって異なるので一概には言えません。しかし、一般的な目安として犬の体重1kgあたり100mg〜200mgまでいくと致死量になる可能性があると言われています。コーヒー1杯に含まれるカフェインの量が100mg前後なので、5kgくらいの犬だったらコーヒー5杯くらいまでは飲んでも致死量となることはないと言われています。しかし、これはあくまで目安でしかなく、その時の犬の状態や体調によって変わってくるので注意をする必要があります。また、たとえ犬が少量のコーヒーを飲んだのであっても嘔吐をしたり興奮したりと普段とは違う状態になることがあります。そもそも基本的に犬にコーヒーを与えることは控えた方が無難です。水を与えましょう。

犬がコーヒーを飲んだ際の対処方法

注意をしていても、犬がコーヒーを誤って飲んでしまった際の対処方法ですが、とりあえず慌てずに犬の様子をしっかりととらえましょう。少量であれば水を飲ませたりするだけで治ることがありますが、どうも様子がおかしいという場合には自己判断せずに病院に連れて行くのが良いです。

このように犬とコーヒーの相性はよくありません。

いかがでしたか?今回はコーヒーを飲んだ場合の話をしていますが、厳密にいうとコーヒーの中に入っているカフェインを犬が摂取することが問題なのです。実際にはコーヒー意外にも、お茶、炭酸飲料、エナジードリンクなどカフェインが入っている飲み物は多く存在しており、カフェインの入っているもの全てが犬にとっては天敵です。置く場所に気を付けて、犬を守りましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. おしゃれな喫茶店
  2. スターバックスお得カード
  3. 名曲喫茶東京
  4. コーヒーの仕事
  5. 韓国カフェ
  6. 神保町の喫茶店
  7. コーヒーのマナー
  8. オールドクロップの珈琲
  9. イタリアのカフェ
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP