コーヒーの効果

次世代スーパーフルーツ!コーヒーチェリーの優れた効果とは

コーヒー豆はもともと、「コーヒーチェリー」と呼ばれる赤いさくらんぼのような実の中にある種子です。人間がこのコーヒーチェリーを発見した当初は、果肉を食べていたそうで、その味はほのかに甘く現在でも収穫時に子供たちがつまみ食いすることもあるんだとか。

今回はこの「コーヒーチェリー」に注目していきたいと思います。

コーヒーチェリーの構造

コーヒーチェリーの中にコーヒー豆が2つというのが基本です。赤い外皮の内側には果肉がついており、その中にパーチメントという「内果皮」とシルバースキンという「銀皮」に包まれた種子が2つ入っています。パーチメントの表面は粘液質に覆われており、これはミュシレージと呼ばれています。種子は2つ1組が基本とされていますが、中には1つしか入っていない「ピーベリー(丸豆)」と呼ばれるものもあり、こちらは稀少なのでピーベリーのコーヒー豆は高価なものになっています。

コーヒーチェリーの成分・効果

従来、コーヒーにするためには中にある「種子」のみしか使用せず、残りの皮と果肉の部分は売り物にならないので廃棄されています。しかし、この廃棄された部分にも栄養価があるということで近年注目されています。

「抗酸化作用」

コーヒーの生産地は様々ですが、その多くは赤道付近の高地。太陽が近く、紫外線も強い地域のため紫外線からのダメージが大きいのです。そんな紫外線から種子を守るために抗酸化作用が多く含まれていて、なんと今注目されているアサイーの15倍とも言われています。

「クロロゲン酸」

脂質の取り込みを活性化させる効果があり、継続的に摂取することで脂肪を分解・燃焼しやすくしてくれ糖尿病予防、脂肪肝予防にもなります。

「トリゴネリン」

あまり聞き慣れない成分ですが、主にコーヒーの生豆に含まれる成分で、脳の活性化・コレストロール値の低下という効果があります。

「カフェ酸」

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種です。コーヒーのリラックス効果がこのカフェ酸からきており、他にもがん予防や抑制効果、動脈効果の予防にも働きます。

「フェルラ酸」

こちらもポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、脳機能改善効果があるため高血圧予防に効果があります。また美肌効果もあります。

「キナ酸」

キナ酸は、尿を酸性に保つ働きがあり、尿路感染症などを予防する効果があります。

コーヒーチェリーは日本でも手に入れられる?

「次世代スーパーフルーツ」と言われるのも納得で、こんなにも優れた成分や効果があるので、一刻も早く取り入れたいと思いますよね。最初にお話しした通り、収穫中に子供たちがつまみ食いしてしまうほどなので、もちろんそのまま食べることはできます。しかしハワイやアメリカ本土であれば簡単に手に入るようですが、残念ながら、日本ではまだ認知度が低く高価であったりと入手しにくいのが現状です。少しずつではありますが、コーヒーチェリーを使用した栄養機能食品や、ドリンク、サプリメントなども出てきているようです。抗酸化作用のみならず、健康的な効果や女性に嬉しい美肌効果まで様々な成分がたっぷり詰まっている備えているコーヒーチェリーが日本でも取り入れられることに期待しましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP