コーヒーの効果

朝のコーヒーはだめ?驚きの事実

朝の目覚めの1杯にコーヒーを飲む人は多いかと思います。私も朝目覚めたらまずはコーヒーを飲まなければ1日が始まりません。しかし、あるアメリカの神経科学者が朝起きてすぐはコーヒーを飲むべきではないと発表して話題になりました。今回は朝コーヒーを飲むことについて、朝コーヒー否定派と朝コーヒー肯定派の2つの意見をまとめ、その真相についてみていきたいと思います。

朝コーヒー否定派の意見

朝コーヒーを飲むことに否定的な発表を行ったのは、アメリカの軍保健科学大学の神経科学者であるスティーブ・ミラー氏です。彼の主張によると朝8時〜9時まではコーヒーを飲むべきではないそうです。人間は体内リズムを構造上持っており、この体内リズム朝8時〜9時になると「コルチゾール」というホルモンを分泌します。このコルチゾールはもともと脳を覚醒させる働きがあるのですが、コーヒーを飲んでカフェインを摂取するとこのコルチゾールの分泌が減ってしまいます。結果としてカフェインへの耐性ができてしまい、カフェインなしでは生活ができないカフェイン中毒などになってしまう可能性があります。

彼の意見では血中の覚醒ホルモン濃度が自然に高まるのは朝8時〜9時、昼12時〜1時、夕方5時半〜6時半なのでコーヒーを飲むならばこの時間帯以外で飲んだ方が効果的とのことです。

朝コーヒーを飲むと健康に悪いという意見がある一方で、朝コーヒーを飲むことは健康に良いという意見もあります。

朝コーヒー肯定派の意見

コーヒーにはもともと血流を良くする作用があり、朝1杯のコーヒーを飲むことで血行が良くなって、朝が苦手で低血圧の人でも朝から元気に活動することができるようになります。また京都大学大学院の伏木亨教授の研究によると、朝コーヒーを飲むことは気分をリラックスさせると同時に眠気を覚ます効果があり1日を快適にすることができるそうです。

私自身毎朝コーヒーを飲んでおり、朝コーヒーを飲むことでやる気が湧いたりするの肯定派の意見をきいて少し安心しました。

では結局どうしたらよいのか

朝コーヒーを飲むことについては否定的な意見も肯定的な意見もどちらも存在します。実際にはどうなのかは、まだ科学的にしっかりと証明できていないところがあるので何とも言えません。しかし、どうしても心配というのであればカフェインレスコーヒーで代用することも可能です。朝飲むコーヒーをカフェインの入っていないカフェインレスコーヒーに切り替えることで、もし朝コーヒーを飲んでも問題がなくなります。

いかがでしたか?確かにどちらの意見にもわかる部分がありますね。どちらにせよ、注意点としては、朝食を食べずにコーヒーだけ飲むことはやめた方が良いということです。朝は時間がない人も多くて、何も食べずにコーヒーだけを飲んで家を出る人もいるかと思いますが、コーヒーのカフェインには胃を刺激して胃酸を分泌させる効果があり、朝食を食べずにコーヒーだけ飲むと、消化するものは何もないのに胃酸だけが分泌されてしまって胃酸過多や胃潰瘍などになる可能性があります。一日のスタートを気持ちよく迎えるために、自分に合った飲み方を考えてみてくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの砂糖とミルク
  2. コーヒーメーカー
  3. パリのカフェ文化
  4. コーヒーの効果
  5. コーヒーの酸化
  6. コーヒー効果
  7. カフェ開業
  8. コーヒーメーカー
  9. 海外の珈琲の飲み方
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP