コーヒーの効果

最近注目のコーヒー成分、クロロゲン酸とは

コーヒーの苦みに関係する成分にポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」というのがあります。近年、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が注目されています。さまざな効果があるとわかっていますが、ダイエット効果などにも効くそうなのです。今回はこの「クロロゲン酸」について詳しくみていきたいと思います。

クロロゲン酸とは

主にアンチエイジング効果などで知られているポリフェノールは、ほとんどの食べ物や植物に含まれていて、植物自身が酸化から身を守るために働く成分です。光合成によって植物の中で生産され、その植物の苦みや渋み、色素となる成分で、赤ワインやブルーベリーなどに多く含まれていることでも有名ですよね。ポリフェノールには非常にたくさんの種類があり、緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種となります。今回注目している「クロロゲン酸」もポリフェノールの一種で「コーヒーポリフェノール」と呼ばれ、コーヒー豆に多く含まれています。

クロロゲン酸はダイエットに効く?

気になるお腹周りの脂肪や体重まで減らしてくれると言われている「クロロゲン酸」ですが、一体どんなメカニズムでダイエット効果が生まれているのでしょうか。簡単にいうと、クロロゲン酸の働きにより、脂肪燃焼を邪魔する酵素の発現や働きが低下することや、その影響によって脂肪燃焼を進める酵素が活性化することなどによって、ダイエット効果が生まれるというわけです。脂肪をエネルギーに代えるという働きを活発にしてくれるので、コーヒーによって痩せるだけではなく太りにくくもなるという、うれしいサイクルが作られるのですね。しかし、コーヒーだけ飲んでいれば痩せるというわけではありませんので、適度な運動も日常的にすることが重要です。

クロロゲン酸で胃は荒れるのか

ダイエット効果があるクロロゲン酸ですが、摂取法によっては困った作用を起こす可能性があります。コーヒーを飲むと胃が荒れるという人がたまにいますが、これは実はクロロゲン酸の作用なのです。クロロゲン酸は胃酸の分泌を活発にするので、胃が弱い人だとコーヒーによってその分胃が荒れてしまう傾向があるのです。また、特に胃弱というわけではなくても、空腹時に胃酸が出過ぎると、胃が荒れることにつながります。胃が荒れると口臭の原因にもなってしまいます。そのため、空腹時などにどうしてもコーヒーを飲む場合には、ミルクなどをいれ、胃をミルクで覆ったり、お菓子などと一緒に飲むことで胃が荒れることを防ぐことができます。

いかがでしたか?「クロロゲン酸」にはここでは紹介していないメリットがまだまだ他にもあり、健康面でとても有効な成分だと言えます。しかし一方で、クロロゲン酸は、ミネラルやビタミンなどの吸収を阻害してしまうとも言われています。いずれにせよ、飲みすぎは禁物です。健康面にありがたい成分が沢山はいっているからと飲みすぎるのはやめましょう。効果があるからと言って処方された薬を飲みすぎるのと同じことです。何事にも適度な量というものがあります。コーヒーは適度に、美味しく、安全に、楽しく飲むのが1番といえるでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー健康効果
  2. 電源のあるカフェ・喫茶店
  3. インスタントコーヒー
  4. 珈琲に合う食べ物
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. 電源のあるカフェ・喫茶店
  9. スターバックスお得カード
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP