コーヒーの効果

日本人が好むブラックコーヒーの利点や効能

ブラックコーヒー

みなさんはコーヒーを飲む時にどのような飲み方をしていますか?ミルクや砂糖を入れて甘めにしたりミルクのみを入れてまろやかにしたり、何も入れずにブラックそのまま!という方も多いと思います。

現在、多くの日本人はブラックコーヒーで飲んでいるようですが、このミルクも砂糖も入れないブラックコーヒーを飲んでいるのは世界でも日本独自の飲み方のようです。

日本では昔から、比較的あっさりとして素材の味を重視したものを高級とみなし、特に馴染のある「茶」の影響からコーヒーにも透明感や雑味の無さ、何も入れなくとも味わいが引き立つようなものを求める傾向にあった。ということからブラックコーヒーが好まれているのかもしれません。

缶コーヒー

缶コーヒーといえば、もともとミルクと砂糖が入った甘いものが当たりでした。しかし今やミルクなし、微糖や無糖といったシンプルでコーヒーの味わいが引き立つものが増えてきています。

缶コーヒーが登場したばかりのころは、今50代以上の方々が主流となっており、酸味がややあるコーヒーを好んでいました。しかし、年々スターバックスやタリーズなど、味わいが深い濃いめのコーヒーが出回るようになり、30~40代の方はビター感や苦みを好む傾向になっていきているのです。

缶コーヒーもそのような変化に合わせ「ブラックコーヒー」の種類が増えてきています。

ブラックコーヒーのダイエット効果

日本人が好んで飲んでいるブラックコーヒーですが、ミルクや砂糖を入れて飲む時には得られない効果を持っています。それは「ダイエット効果」

コーヒーの主成分であるカフェインには、「リパーゼ」という消化酵素の働きを活性化させる効果を持つ成分が含まれています。このリパーゼは、脂肪を分解する役割があり、脂肪酸とグリセリンに分解することによって燃焼し、ダイエットに効果があるのです。

更に、砂糖を使用していないブラックコーヒーは、砂糖を使用しているコーヒーに比べ「利尿作用」が強いとも言われています。そのため、体内の老廃物を尿として対外へ排出し、むくみ防止や美肌効果も得られてしまうというわけです。

ブラックコーヒーのリラックス効果

ブラックコーヒーは何も加えていないので、本来のコーヒー豆の香りを存分に楽しむことができます。コーヒーの香りには、気分を落ち着かせる「α派」を脳から出すことも確認されており、ストレス解消になったり精神的に落ち着かせてくれるようなリラックス効果があるのです。

コーヒー豆には様々な種類があり、産地や製法によって香りや風味も様々です。酸味の強いコーヒー、少しスモーキーなコーヒー、どっしりとしたコクがあるコーヒーと飲み分けることでその時の気分に合わせられるのも利点です。

ミルクや砂糖を入れたコーヒーももちろんとても美味しく、ほっこりとさせてくれますが、ブラックコーヒーにはやはり魅力がたくさんあるのです。こだわりや繊細な心を持つ日本人が好む理由もわかるような気がします。

その分、世界に比べ日本ではブラックコーヒーを楽しめるような工夫やこだわりが沢山詰まっているので、ゆっくりと音楽を聴きながら目を瞑り、ブラックコーヒーの香り・味わいを楽しむ時間をつくってみてはいかがですか?

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの仕事
  2. コーヒーダイエット
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. カフェ・喫茶店のチェーン店
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒー豆
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP