コーヒーの効果

夏バテにはアイスコーヒーを!

夏は真夏日などが続いて毎日だるかったりと何かと大変ですよね。最近では夏バテによる高齢者の死亡率も上がっていたり、実は深刻な問題となっています。今回はそんな「夏バテ」をアイスコーヒーで乗り切る、そんな話をします。

夏バテとは

夏バテを一言でいえば「暑さが原因で、体の調子が悪くなること」です。 日本特有の高温多湿の気候も影響し、色々な症状があります。食欲不振による栄養失調や、睡眠不足、体がだるい等々。自覚がないだけで多くの人は夏の暑さのせいで気分が悪くなったり・・・という経験はしていると思います。しかし、夏の暑さは防ぎようがないので、いかに夏バテにならないようにするかがポイントになってくると思います。対策をきちんとすれば防止することができるのです。

夏バテ防止のポイント4つ

では、具体的に夏バテを防止するのはどうしたらよいのでしょうか、4つのポイントをみていきましょう。

①室内外の温度差を5~6℃までにすること。

冷房が効きすぎた所に居なければならない場合は、薄手の長袖を羽織るようにして、温度差による体力の消耗を防ぎましょう。温度差があると体の温度調節機能が上手く働かなくなり体調を崩してしまいます。

②除湿すること。

高温でも湿気がなければ、夏バテしにくいです。ムシムシしていると息もしづらくなり体全体に酸素がいかなくなり危険です。自分で冷房を調節できる時は、冷やすよりも「ドライ」を使って上手に除湿しましょう。

③冷たいものをガブ飲みしないこと。

暑いと、つい冷たい飲み物を「グィッ」と飲みたくなってしまいますね。でも、一気に大量の冷たい飲み物を体に入れると、水分が体に吸収されにくくなりますし、体を冷やしすぎたりします。また、胃液を薄めることで消化機能が落ちて、夏バテの原因にも。冷たい飲み物は、少量ずつゆっくり飲みましょう。

④糖分に注意

清涼飲料水や、スポーツドリンクなどは、糖分が多く入っているため、糖分の代謝で使われるビタミンB1が不足してしまいます。これも夏バテの原因の1つ。甘いジュースなどは、飲めば飲むほど喉が渇くという悪循環になりますので、できるだけ糖分の多い飲み物は控えましょう。

アイスコーヒーの適温

夏バテ予防の観点からすると、アイスコーヒーは一気に飲むのではなく、ゆっくりと味わいながら飲むこと、できるだけ甘みを加えずブラックで飲むことなどが大事ですね。アイスコーヒーに氷を浮かべないで飲むのも、ちょうどよくておすすめです。冷たすぎるとコーヒーのせっかくの香りなどが感じらず、もったいないことになってしまいます。適温と言っても難しいですが、常温よりも少し冷たいくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

いかがでしたか?氷が解けて薄い味になってしまうのだけ難点ですが、新鮮で美味しいアイスコーヒーなら、常温でも十分楽しめますのでお試し下さい。コーヒーを氷にしてそのまま使用すれば、味が薄くなる心配もありません。夏バテ予防にアイスコーヒー、たまに冷え過ぎたと思ったらホットコーヒーをゆっくり飲むのもおすすめです。アイスコーヒーと同じで糖分なあしのブラックでぜひお試しいただいて、熱い夏を健康に乗り切ってください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. インスタントコーヒー
  2. 代用コーヒー
  3. コーヒーベルト
  4. カフェの仕事
  5. コーヒー栽培
  6. コーヒーカップの人気ブランド
  7. コーヒー中毒
  8. 銀座喫茶店ルノアール
  9. カフェ開業
  10. ハワイコナコーヒー
PAGE TOP