コーヒーの効果

世界の話題のコーヒーの種類と珈琲の健康効果7選

世界のコーヒー事情を日本を中心に見ていきましょう。

・世界のコーヒーの生産割合

コーヒーの生産国は60か国と意外に多いです。よくコーヒーの生産国に「(外国名)、その他」と書かれていますがその『その他』の中にも60か国のどれかがあることになります。その中で一番多く生産しているのがブラジル、世界の生産量の約30%も占めています。

ちなみに日本ではほとんどコーヒー豆は生産されていません。じゃあ日本はコーヒーに関して恵まれていないかと言えば、そうではありません。ある意味とても充分に恵まれていることになります。なぜならブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカコーヒーと呼ばれる世界3大コーヒーのうち、ブルーマウンテンとキリマンジャロが多く日本に輸出されています。

ブルーマウンテンはジャマイカで作られていますが、そこから9割がなんと日本に輸出されています。ブルーマウンテンは希少なコーヒーと呼ばれていますが、日本の喫茶店ではブルーマウンテンの文字を見かけることが多いと思います。希少なのはかえって他の国の方かもしれません。ちなみにブルーマウンテンと同じようによく見かけることが多いキリマンジャロの生産量も、世界では1割で満たないです。(なおコナコーヒーはハワイで栽培されたものです。生産量は世界とくらべて1%以下です。)

そして先ほどの生産国の割合に戻りますが、他の上位5国はベトナムやインドネシアなど意外にもアジア勢が多いです。 逆に南アメリカやアフリカと言ったコーヒー生産と言えばこの国と言うのが、割合が減っている現状です。その上で日本に他のコーヒー豆も多く輸出され続けているのは感謝と言うべきです。

・世界の消費量

また世界一コーヒーを消費している国はどこでしょうか? その国はヨーロッパにある小さい国ルクセンブルクです。ルクセンブルクの年間消費量は約2800杯と言われていいます。

ちなみにルクセンブルクの国土面積は998mi2、日本の面積は145,925 mi2で日本と比べても圧倒的に小さいです。また日本の人口数は約1億3万人 ルクセンブルク人口数は約54万人です。
ではその日本からしたら小規模の人数がこれだけコーヒーを飲んでるとしたらどうやら違うようです。なぜなら、ルクセンブルクは嗜好品の税率が低く、ドイツやフランスと言った隣りの国からよく買いに来るからのようです。つまり純粋にその国に住んでる人でカウントがされていないようです。
ちなみに2位はフィンランドで約1200杯ですが、これは寒い国土が影響しているようです。(日本では年間約300杯です。)

・ブルーマウンテンの謎

1位と2位を比べて日本はそれほどコーヒーを消費していないと思いますが、それでもなぜブルーマウンテンの殆どが日本に輸入されているのでしょうか?

それはブルーマウンテンの価格設定が日本には合ってて、ブルーマウンテンの農園は日本のコーヒーメーカーが中心になっているからのようです。つまりまとめると、人数が少なくてもきちんと好まれている。日本が管理しているから日本に輸出しやすいのがその理由のようです。 ですが希少なコーヒーだから値段が高くなり、それを売っても購入されなれば意味はありません。他の国々にブルーマウンテンの嗜好家がいても日本ほどではないようです。日本人として思わずそれに対して嬉しくなります。

香り高くおいしいコーヒーは、いまや日常のあらゆるシーンで欠かせない存在になりました。ですが、「肌が荒れる」、「健康によくなさそう」などという言葉もよく耳にします。また、コーヒーに関する退廃的なイメージを持つ人も少なくありません。

かと思えば一方で、「糖尿病改善効果が期待できる」など、コーヒー=健康にいい説もあります。

ホントウのところは、「その人の体質や健康状態による」というのが正しい答えでしょうが、コーヒーについていわれていることを現状でまとめてみました。

一般社団法人全日本コーヒー協会に記載の珈琲の効果

公式サイト(http://coffee.ajca.or.jp/)内で、

●紫外線対策には、コーヒーが効く?
●コーヒーを飲むと、死亡リスクが減る。
●隠れた脳出血を、コーヒーが予防。
●ポリフェノールは脳卒中リスクを軽減する?
●パーキンソン病の発症を抑える可能性。

などのコンテンツを掲載しています。続々と、コーヒーの健康効果が明らかにされてきており、興味深い内容も盛りだくさんです。

林修の今でしょで紹介されたコーヒーの効果(テレビ朝日)

博学として知られる東進ハイスクールの講師・林修先生が生徒役で登場する人気情報番組です。

番組内では、やはりポリフェノールの健康効果に着目。「コーヒーを飲まないよりも、飲んだほうが糖尿病になりにくい」という結果を報告しています。さらに、食後か食前かという問題に対しては、「食後のほうがよい」としていました。

また、注目成分のカフェインについては、「インスリンの働きをブロックする」などの健康効果が期待できるということ。頼もしいですね。

また、スポーツ業界では

「トレーニング前にコーヒーを飲むと、トレーニング効果が倍増する」

という理論をとなえる人も少なくありません。その理由は、

●集中力が高まり普段以上に筋力が発揮できる。
●筋肉痛を軽減できる。

などといったことらしいです。

もちろん、砂糖やミルクを入れるとカロリー過多になってしまい逆効果になることもあります。健康効果や運動能力UPをねらってコーヒーを飲むなら、なんといってもブラックがおすすめです。

また、それ以外にも、健康・美容意識が高い人々の間では

●ヨーグルトの上澄み液=ホエイをコーヒーに入れる

●ココナッツオイルをコーヒーに入れる

など、コーヒーを使った新しい健康法もいろいろと出てきているようです。

とはいえ、コーヒーは“薬”ではなく“食品(飲料)”です。健康の基本は、三大栄養素+ビタミン、ミネラルのバランスの取れた規則正しい食事と適度な栄養です。それをちゃんと実現したうえでコーヒー健康法、試してみてはいかがでしょうか。また、コーヒーは酸化したものや古いものでは効果が半減するどころか、逆効果になることもあるそうです。健康を意識してコーヒーを飲むなら、品質のいいものを選びたいですね。

ストレスの多い現代社会で、コーヒーを飲みながらゆっくり本を読んだり、人と会話を楽しんだりするのはメンタルヘルスという面からも有効です。おいしい豆を買ってきて、自分のため、家族のために丁寧に淹れるという行為も精神衛生上とてもいいことです。

どうか、みなさんもすてきなコーヒーライフをお送りください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. 沖縄のコーヒー
  2. 銀座カフェ
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーカップのブランド
  5. カフェの仕事
  6. コーヒーの酸味と苦味
  7. コーヒー
  8. コーヒーメーカー
  9. 海外のコーヒー
  10. コーヒーバリスタ
PAGE TOP