コーヒーの効果

デカフェって何?その効果と特徴

デカフェ、みなさん飲んだことはありますか?近年のカフェ文化の一層の広がりとともに、カフェインレスの「デカフェ」をメニューに加えるカフェも増えてきました。世間では身体に優しいことで知られている「デカフェ」ですが、その味や効果、特徴を知らない人が多いのが実情です。今回はそのデカフェについてご紹介しましょう。

デカフェとは

「デカフェ」は「decaf」と書きます。「decaffeinated(デカフェネイティッド)」の略で、カフェインを取り除いたという意味です。「カフェインフリー」「ノンカフェイン」として販売されている場合もあり、メーカーによってその名称は違います。カフェインが苦手だという人でも、普通のコーヒーのカフェイン含有量が100〜150mgであるのに対し、デカフェコーヒーは0.1〜1mgと非常に少ないため、コーヒーの味わいが楽しめるコーヒー飲料なのです。

デカフェの定義

EUの基準では、99.9%以上カフェインを除去した場合に限り「デカフェ」と呼べます。

でも日本では特に基準がありません。あまり含有率にこだわらないのは、欧米と比べてそれほど需要が無いのが一因かも知れません。欧米ではデカフェのコーヒーはごく一般的に販売されており、カフェやレストランでも選ぶことができます。カフェインの摂り過ぎを気にしている健康志向の人たちだけでなく、単に「最近コーヒーを飲みすぎておなかが気持ち悪い、でもコーヒーは飲みたい」と、胃を休めるためにデカフェを選ぶ人もたくさんいます。

デカフェの味わい

飲み口の軽さ

コーヒーの味には様々な要素がありますが、カフェインが強いほど、口に含んだ時に刺激や抵抗を感じさせ、後味が重くなってきますが、デカフェではその抵抗がほぼ無くなりますので、口当たりがとても軽くなります。さらっとした後味なのでさっぱりとしています。

ブラックで際立つシンプルな風味

軽い口当たりのデカフェは、ストレートにブラックで楽しむことをおすすめです。飲みやすくなる上に、味の個性をはっきり感じることができます。苦みをガツンと残したまま飲みやすいものもあれば、酸味傾向の豆なら口当たりの軽さとあいまって更にさわやかな酸味になり、まったく新しい味わいを楽しめるものもあります。ミルクなども良いですが、通常のコーヒーに比べると少し物足りなさを感じるかもしれません。

デカフェが飲める店

日本のコーヒーチェーンや昭和の喫茶店、スペシャリティコーヒーチェーンではまだまだ馴染みが有りませんが、流行のサードウェーブ系や、シアトル系、イタリア・オーストラリア系でも、メニューの種類が多いお店であればデカフェを用意しているお店が増えてきています。有名なコーヒーチェーン店では「スターバックスコーヒー」や「タリーズコーヒー」などで楽しめます。スターバックスではすべてのドリンクに入っているエスプレッソもデカフェにすることができます。タリーズでは、金額がプラスされますが、デカフェを楽しむことができます。気軽に行けるので、カフェインを取りたくない時などに飲んでみて下さい。

いかがでしたか?デカフェは通常コーヒーにはないメリットがあります。カフェインレスなので、妊娠中や授乳中の方、子供でも安心して飲むことができます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. カフェ開業
  2. 清澄白河のカフェ
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒー栽培
  6. カフェ開業メニュー
  7. 神保町の喫茶店
  8. コーヒーのかす
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP