コーヒーの効果

チコリコーヒーの効果・効能

コーヒーには、さまざまな「代用品」があります。コーヒーの代わりに作られて飲み物です。たんぽぽコーヒー、どんぐりコーヒー、ひまわりコーヒーなどなどいろいろな種類があります。その中に「チコリコーヒー」というものもあります。今回はこの「チコリコーヒー」についてご紹介していきたいと思います。

チコリコーヒーとは

チコリコーヒーの「チコリ」の意味とはひとことで言うと、ハーブの一種です。チコリはヨーロッパや北アフリカが原産であり、ハーブなので畑で作られるわけですが、チコリという言葉はギリシャ語の“畑”から来ています。高級野菜としてヨーロッパの国々で、チコリはその効能・効果に期待されて健康食品として重宝されていきました。葉、茎、根とあらゆる部分が食べ物として利用されています。このチコリの根を刻んで乾燥させて焙煎させたものが今回お話するチコリコーヒーになります。そのため、チコリコーヒーという名前が付いていて味は似ているものの、作成に至る原料や、チコリコーヒーの効能・効果はふつうのコーヒーとは全く別のものとなっております。その歴史は深く、なんと古代ローマ時代から栽培されてきており、ヨーロッパでは馴染みの深いハーブです。コーヒーはもともと暖かい地域でとれるので、ヨーロッパの国々はもっと暖かい他の国から輸入していました。しかし第二次世界大戦でコーヒー豆が輸入できなくなると、コーヒー豆の代わりにこのチコリコーヒーが飲まれるようになりました。コーヒーの代替品は、だいたい戦争がきっかけでつくられています。

チコリコーヒーの効果・効能

①便秘に効く

チコリの主成分の中にあるイヌリンとよばれる成分が、整腸作用として働くからです。チコリコーヒーを飲むことで、体内の老廃物や過剰な水分を排出できます。また腸内にたまったガスを排出する効果もあり、ガスピタンの代わりにもなります。

②血糖値の上昇を防ぐ

血糖値の上昇を抑えることで、ダイエットにも効果があると言われています。

③肝機能の強化

④消炎作用

いろいろな効果・効能があるようですね。このほかにも、食物繊維をたくさん含んでいるので、むくみの改善に良いです。あとは貧血の予防、利尿作用、肝臓疾患、痛風などにも効くと知られています。

チコリコーヒーの味わいは

チコリコーヒーの味はコーヒーに似ています。チコリコーヒーの中でもどのメーカーのものを飲むかによっても当然変わってくると思いますが、ざっくり言うと、コーヒーの中でも深炒りの苦めなコーヒーに似ている気がします。苦くて濃いコーヒーなので、牛乳との相性が良く、チコリコーヒーに牛乳を入れたものは、カフェで飲むラテっぽくて飲みやすいという意見もあります。他の代用品のコーヒーと比べると、コーヒーに近い味と言えるでしょう。実際にお店に行って、いろいろと見てみるとわかるのですが、いろんな味や種類のチコリコーヒーがあります。例えばインスタントでもキャラメル風味で、もともと甘い感じに加工されているチコリコーヒーがあります。

いかがでしたか?「チコリコーヒー」はアレンジをするとより一層飲みやすくなるので、いろいろなアレンジをして、この良い効果を体に取り入れてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. スターバックスお得カード
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒー効果
  9. 海外の珈琲の飲み方
  10. コーヒーの効果
PAGE TOP