コーヒーの効果

チコリコーヒーの効果・効能

コーヒーには、さまざまな「代用品」があります。コーヒーの代わりに作られて飲み物です。たんぽぽコーヒー、どんぐりコーヒー、ひまわりコーヒーなどなどいろいろな種類があります。その中に「チコリコーヒー」というものもあります。今回はこの「チコリコーヒー」についてご紹介していきたいと思います。

チコリコーヒーとは

チコリコーヒーの「チコリ」とはひとことで言うと、ハーブの一種です。ヨーロッパの国々では高級野菜として知られ、その効能・効果に期待されて健康食品として重宝されてきました。チコリは葉、茎、根とあらゆる部分が食べ物として利用されていますが、チコリコーヒーに使用されているチコリは、根を刻んで乾燥させて焙煎させたものです。また、「コーヒー」という名前が付いているので味わいもコーヒーのようだと思いますが、そうではありません。実際にコーヒーも入っていませんし、チコリの根で作っているので原料や、効能・効果もチコリコーヒーと通常のコーヒーでは全く別のものとなっています。

チコリコーヒーが誕生した理由

コーヒー豆はもともと、ブラジルなどの赤道の近くの地域でとれるので、ヨーロッパの国々は他の国から輸入していました。しかし第二次世界大戦の影響でコーヒー豆が輸入できなくなると、コーヒー豆の代わりにこのチコリコーヒーが飲まれるようになりました。チコリコーヒーの他にも、たんぽぽコーヒーやどんぐりコーヒーなどといったコーヒーの代替品がありますが、それらは総じて戦争の時代に本物のコーヒーが高値で飲めなかったという背景があるものが多いです。

チコリコーヒーの効果・効能

①便秘に効く

チコリの主成分の中にある「イヌリン」とよばれる成分が、整腸作用として働くからです。チコリコーヒーを飲むことで、体内の老廃物や過剰な水分を排出できます。また腸内にたまったガスを排出する効果もあるので、おなかの不調の時などに使用することもできます。

②血糖値の上昇を防ぐ

血糖値の上昇を抑えることで、ダイエットにも効果があると言われています。

④消炎作用

いろいろな効果・効能があるようですね。このほかにも、食物繊維をたくさん含んでいるので、むくみの改善に良いです。あとは貧血の予防、利尿作用、肝臓疾患、痛風などにも効くと知られています。

 

チコリコーヒーの味わいは

チコリコーヒーの味はコーヒーに似ています。、ざっくり言うと、コーヒーの中でも深炒りの苦めなコーヒーに似ている気がします。苦くて濃いコーヒーなので、牛乳との相性が良く、チコリコーヒーに牛乳を入れたものは、カフェで飲ゆむラテっぽくて飲みやすいという意見もあります。他の代用品のコーヒー(たんぽぽコーヒー、どんぐりコーヒーなど)と比べると、コーヒーに近い味と言えるでしょう。実際にお店に行って、いろいろと見てみるとわかるのですが、いろんな味や種類のチコリコーヒーがあります。例えばインスタントでもキャラメル風味で、もともと甘い感じに加工されているチコリコーヒーがあります。

いかがでしたか?「チコリコーヒー」はアレンジをするとより一層飲みやすくなるので、いろいろなアレンジをして、この良い効果を体に取り入れてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの賞味期限
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. 清澄白河コーヒーカフェケーキ
  6. コーヒーの効果
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP