コーヒーの効果

ダイエットに効果的?バターコーヒーとは

バターコーヒーとは

バターコーヒーとは、名前の通りコーヒーにバターを入れた飲み物です。もともと海外セレブが飲んでいたことで注目が集まり、徐々に日本にも広まりつつあります。しかし、ダイエットにバターとは逆効果なのでは?と思いがちですが、実は普通のバターを使用するわけではありません。「グラスウェッドバター」というバターを使用するということが肝になるのです。

グラスウェッドバターとは

普段使用している一般的なバターの多くは、トウモロコシなどの穀物肥料を与えられた牛のミルクからできています。

グラスウェッドバターとは、ホルモン剤、遺伝子組み換えなど人工的な飼料は一切使用せず、自然環境に自生する牧草飼料だけが与えられた牛のミルクから作られるバターのこと。

必須栄養素の不飽和脂肪酸のリノール酸(n-6系脂肪酸)とリノレン酸(n-3系脂肪酸)の割合が抜群によく、更に青魚やえごま油に含まれる脂肪酸のオメガ3不飽和脂肪酸も含まれています。オメガ3不飽和脂肪酸は、中性脂肪、コレステロールを下げる働きがある太りにくい油です。通常のバターより良質な成分に仕上がるのでダイエットに最適といえます。

なぜバターコーヒーがダイエットに効果的なのか

グラスウェッドバターが普通のバターに比べてダイエットに効果的ということがわかりました。コーヒーにもクロロゲン酸というポリフェノールが含まれていたり、脂肪を分解し脂肪燃焼を促進する効果のあるカフェインも豊富に含まれているため、ダイエット効果があり、相乗効果が生まれます。更にバターの脂肪分は、胃の滞留率が高いので空腹感を感じさせない効果があります。

バターコーヒーの作り方

作り方はいたって簡単。まずはドリップするかインスタントコーヒーでもカフェインレスでなければダイエット効果があるので大丈夫です、温かいコーヒーを用意します。そしてグラスウェッドバターを10g(大匙1くらい)を入れてよく混ぜるだけ。これで完成です。グラスウェッドバターを手に入れるのが少し手間がかかるかもしれませんが、手に入れてしまえばとても簡単ですよね。

グラスウェッドバターが無いからといって普通のバターで作ってしまうのはかえって逆効果になってしまうのでやめましょう。

1日に飲む量と飲む時間帯

バターコーヒーは1日に2~4杯が良いとされています。コーヒーには、カフェインが含まれているので過剰摂取に気をつける必要があります。カフェインの過剰摂取は、自律神経の乱れや体の冷えの原因となり、ダイエットの効率を低下させます。

飲むのに最適な時間帯は「朝」です。朝食の時間帯にバターコーヒーを摂取すると、不飽和脂肪酸によって1日の脂肪燃焼効率が高まるため、ダイエット効率を上げる事ができます。その他、運動をする前に飲むとエネルギー消費されやすくなります。そしてバターコーヒーダイエットをする時は炭水化物を朝食で採らないということが大きなポイントでもあります。

こんな方は注意

このようにただ飲むだけでダイエット効果があるバターコーヒーですが、相性が悪くこのダイエットが合わない方もいます。

「妊娠中の方、妊娠活動中・不妊治療中の方、肥満レベルが極度に高い方、複数の薬を服用している方や激しい運動をする方」などが当てはまります。

上記に当てはまる方はバターダイエットは控えましょう。

以上バターダイエットのダイエット効果についてでしたが、たくさんのメリットがありそうですね!ただ一番は健康的な生活があってのことですから、栄養を沢山とることは忘れずに挑戦してみて下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの豆知識
  2. コーヒーかす
  3. コーヒーメーカー
  4. 電源のあるカフェ・喫茶店
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーベルト
  8. コーヒー豆一人前
  9. コーヒードリップ道具
  10. 銀座喫茶店ルノアール
PAGE TOP