コーヒーの効果

タバコとコーヒーとアディポネクチンの関係性

タバコとコーヒー、こう聞くとなんとなくセットなイメージがありますよね。それはなぜでしょう。今回はこの関係性をみていきましょう。

タバコとコーヒー

「タバコを吸う方にコーヒー好きが多い」という話は、今まで何度か聞いたことがあります。理由はなんでしょうか?実際に当てはまる人達の意見としては、「コーヒーがあると、よりタバコが美味しく感じられるから」、「タバコを吸った後にコーヒーを飲めば口がサッパリするから」などがあります。 また、コーヒーにはリラックス&ストレス解消効果があるので、タバコの効果と相乗効果になり一服するには最適な組み合わせのかも知れませんね。

アディポネクチンとは

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで血中に豊富に存在しています。別名「超善玉ホルモン」とも呼ばれるほど良い効果があるのです。下記のような特徴があります。

①アディポネクチンの減少は、メタボリックシンドロームと深く関係してるため、内臓脂肪が減ると、アディポネクチン血中濃度が高くなる傾向がある。

②アディポネクチン血中濃度を高めると、2型糖尿病発症リスクを抑える効果がある。

③アディポネクチン血中濃度が高めると、高脂血症(脂質異常症)や心筋梗塞の発症を防ぐ効果がある。

④女性より男性の方が、アディポネクチン濃度が低い傾向にある。

アディポネクチンという言葉自体が分かりにくいですが、上記を簡単に言えば、「アディポネクチンの血中濃度が、高いと安心。低いと心配。」とった感じです。

喫煙によるアディポネクチンの低下をコーヒーが補う

「アディポネクチン」は、血中濃度が高くなると成人病にかかりにくくなる傾向があります。そんなアディポネクチンを増やす働きがコーヒーにはあるので、コーヒーを飲む量が多いほど血中アディポネクチンも多くなるという傾向があることがわかりました。 一方最近の研究で、タバコを吸うと血中アディポネクチンが低下し、コーヒーとは逆で一日に吸う本数が多いほど血中濃度が低くなる傾向があることが分かりました。そのため、コーヒーでアディポネクチンを増やしても、一緒にタバコを吸ってしまえばまた現象してしまうので効果はあまり期待できないということです。また女性よりも男性の方が血中アディポネクチンが低いため、「喫煙する男性」は更に要注意と言えます。タバコでの休憩を控え、その代わりにコーヒーで一休みするなどの工夫をしてみることも大切です。ただ、コーヒーを飲むとアディポネクチンが増えるという理由でコーヒーを飲みすぎると、その他の悪影響が出てくるのであくまでも適量は守るようにしましょう。

いかがでしたか?以上のことを踏まえて喫煙する人は、もしかしたら本能的に「減ったアディポネクチンを増やすためにコーヒーを飲みたくなる」のかもしれないですね。タバコとコーヒーの関係性は良いことはわかりましたが、この2つの組み合わせは口臭の原因となるとも言われています。口臭がひどくなるのでその後のエチケットも一緒に意識すると良いでしょう。 もちろん、健康のためには、身体を第一に考えてタバコを吸わないというのが一番良いかと思います。健康的に嗜好品を楽しみましょう。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 電源のあるカフェ・喫茶店
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー効果
  4. コーヒーメーカー
  5. カフェ開業
  6. スターバックス
  7. コーヒーミル
  8. 電源のあるカフェ・喫茶店
  9. コーヒーカップのブランド
  10. チェーン店のカフェ
PAGE TOP