コーヒーの効果

タバコとコーヒーとアディポネクチン

タバコとコーヒー、こう聞くとなんとなくセットなイメージがありますよね。それはなぜでしょう。今回はこの関係性をみていきましょう。

タバコとコーヒー

「タバコを吸う方にコーヒー好きが多い」という話は、今まで何度か聞いたことがあります。理由は「なんでしょうか?実際に当てはまる人達の意見としては、「コーヒーがあると、よりタバコが美味しく感じられるから」、「タバコを吸うと嫌な後味が残るけど、コーヒーを飲めば口がサッパリするから」等々。 また、コーヒーにはリラックス&ストレス解消効果があるので、ちょうど一服するには最適な組み合わせのかも知れませんね。タバコ好きな方は「深煎りの苦いコーヒーが好き!」という傾向があるそうです。タバコと深煎りコーヒーになにか関係があるかはわかりません。もちろん「浅煎り好き」なヘビースモーカーの方もいたので一概には言えないようですが。

アディポネクチンとは

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで血中に豊富に存在しています。

別名「超善玉ホルモン」とも呼ばれ、下記のような特徴があります。

①内臓脂肪が増えると、アディポネクチン血中濃度が低くなる。→アディポネクチンの減少は、メタボリックシンドロームと深く関係。

②アディポネクチン血中濃度が低いと、将来の2型糖尿病発症リスクが高くなる傾向。

③アディポネクチン血中濃度が低いと、高脂血症(脂質異常症)や心筋梗塞の発症との関連も指摘。

④女性より男性の方が、アディポネクチン濃度が低い傾向。

アディポネクチンという言葉自体が分かりにくいですが、つまり、「アディポネクチンの血中濃度が、高いと安心。低いと心配。」とった感じです。

喫煙によるアディポネクチンの低下をコーヒーが補う

「アディポネクチン」は、血中濃度が高くなると成人病にかかりにくく、コーヒーにはアディポネクチンを増やす働きがあり、コーヒーを飲む量が多いほど血中アディポネクチンも多くなる傾向がありました。 一方最近の研究で、タバコを吸うと血中アディポネクチンが低下し、一日に吸う本数が多いほど血中濃度が低くなる傾向があることが分かりました。また女性よりも男性の方が血中アディポネクチンが低いため、「喫煙する男性」は要注意と言えます。ちなみに、禁煙すると、血中アディポネクチン濃度が回復し、20年以上禁煙を続ければ初めから吸わない人と同程度に戻るそうです。

結論

以上のことを踏まえて喫煙する人は、「減ったアディポネクチンを増やすためにコーヒーを飲みたくなる」のかもしれないですね。健康を維持するために、自然と体が必要なものを欲することは人間の本能ともいえますし、自然なことなのでしょう。例えば、お酒を飲んだ後にコーヒーを飲みたくなるのも、コーヒーによってアルコールが分解される効果が期待できるからという見解もあります。コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓でのアルコール分解を促す働きがあり、さらに利尿作用もあるので、アルコール分解後の老廃物も体外へ排出されやすくなるのです。 もちろん、健康のためにはタバコを吸わないのが一番良いかと思います。身体を第一に考えて嗜好品を楽しみましょう。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーのマナー
  2. 電源のあるカフェ・喫茶店
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. NEWoManニュウマンカフェ
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーの着色
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーバリスタ
PAGE TOP