コーヒーの効果

コーヒーは子供が飲んでも問題ない?何才から飲むことができるのか

自分が最初にコーヒーを飲んだのはいつか覚えていますか?小学生の頃に親がコーヒーを飲んでいるのを見て真似した、という方も多いのではないでしょうか?子供にコーヒーを飲ませてもいいものかと迷っている人もいるかと思います。今回はそんな何才になったらコーヒーを飲んでもいいのかという疑問にお答えできればと思います。

何才から飲んでも大丈夫なのか

子供がコーヒーを飲んでもよい年齢は個人差があるので一概には言えません。お酒とは違い、「何歳になったら飲める」というよりは、最低でも13歳以上になって、かつ「体重が50kgを超えたら」、という風にコーヒーの場合は年齢よりも体重や体の大きさが判断材料になっています。50kg以上あればコーヒーを飲んでもコーヒーの成分を体で受け止めることができて大丈夫という認識でいいでしょう。しかし中学生以下で体重が50kgを超えていないけどどうしても飲みたいという場合には、ミルクを追加したり、カフェオレのようにコーヒーよりもミルクの割合を多くしカフェインの量を減らすなどの工夫があれば大丈夫です。とはいえ、コーヒーには覚醒成分が含まれているのであまり子供には飲ませない方が賢明でしょう。

そもそもなぜ子供にコーヒーはだめなのか

子供がコーヒーを飲むべきではないと言われている理由は、コーヒーの成分であるカフェインが子供の成長に悪い影響を与える可能性があるからです。子供は感受性が高いので特に気をつける必要があります。具体的な負の側面としては、神経伝達物質の増加や利尿作用などから、子供の気分が高揚してやたらと興奮状態になったり、気分が悪くなったり、眠れなくなったりという症状があります。カフェインが直接子供の成長を抑制するということではなく、興奮状態に陥り睡眠時間が少なくなるということで、その結果身長が伸びなくなる可能性があるということです。カフェインにはメリットもたくさんありますが、子供に対してはメリットよりもデメリットの方が大きいのかもしれません。

他にもカフェインを含んでいる飲み物

コーヒーにカフェインが含まれていることは有名ですが、コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物、食べ物はあります。カフェインが含まれている飲み物として有名なものは、コーヒー(60mg/100ml)、紅茶(30mg/100ml)、コーラ(40mg/100ml)、ココア(10mg/100ml)などがあります。飲み物以外にも、チョコレート(60mg/100g)には多くのカフェインが入っているので、わざわざ食べさせるのを控える必要まではありませんが、食べすぎには注意した方がよいでしょう。コーヒーを飲ませないようにしても、その分これらのカフェインが含まれているものをたくさん与えてしまうと意味がなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

いかがでしたか?以上の理由より、子供がコーヒーを飲むことはあまりおすすめできません。子供の体は外からの影響を受けやすいので、大人になったら飲もうねと言ったりしてコーヒーは少なくとも中学生になって体重が50kgを超えるまではコーヒーを飲ませるのはやめた方が無難です。カフェインはメリットもたくさんありますが、大人でも飲みすぎには注意と言われていますよね。健康を考えて今は我慢ですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーカップのブランド
  2. コーヒーかす
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. アメリカのコーヒー文化
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーハウス
  8. ドトールコーヒー
  9. 珈琲に合う食べ物
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP