コーヒーの効果

コーヒーはいつまで美味しく飲める?知っておいた方が良い賞味期限

みなさん、コーヒー豆の賞味期限っていつまでか知っていますか?そもそも、コーヒー豆に賞味期限があるの?と思う人もいるかもしれません。コーヒー豆にももちとん賞味期限はあり、時間がたったものは味が落ちてしまいます。今回はそんなコーヒー豆の美味しく飲める期限についてご紹介します。

豆の状態の賞味期限

焙煎した後のコーヒー豆の賞味期限ですが、一般的な食品に記載されている賞味期限とは少し違います。賞味期限というのはモノによってだいたい何日と統一されていますが、コーヒー豆の場合は統一されていません。どういうことかと言うと、「1ヶ月~1年」ととても幅があり、メーカーによって賞味期限は様々なのです。消費期限は食べることができなくなる期間ですのでハッキリと決まっていますが、美味しく食べることができる期間を示す賞味期限の場合は、コーヒー豆を販売している各社が美味しいと感じる範囲がそれぞれで曖昧なので、コーヒー豆の状態での賞味期限を明確に表すのは難しいのです。コーヒー豆は個性豊かで様々な種類があり、風味も様々なので美味しさの基準が人により違うのでしょうね。とはいえ、基本的な目安として、未開封の場合には1年、開封後は1ヶ月〜2ヶ月までには飲みきるのが良いとされています。

粉の状態の賞味期限

コーヒー豆の場合は最長1年と、案外期限が長いように思えます。しかし、あくまでもコーヒー「豆」の状態の時であって、豆を挽いて「粉」の状態にすると空気に触れる面積が豆の状態よりも多くなる分、酸化をするので劣化が早まってしまいます。そのため、コーヒーを買うときは、「楽だから・・・」とすでに挽いてある粉で買いたい気持ちはわかりますが、そこは堪え、豆の状態で買いコーヒーを淹れる際にその都度その都度豆を挽いて使用するのが一番良い方法です。粉にすると期限を過ぎたものは味が落ちているとすぐわかるくらい質が落ちてしまうので、コーヒー粉の状態で買った場合には美味しく飲むことができる「2週間」で飲みきれる量を買うようにしましょう。

抽出した後の賞味期限

「豆」と「粉」では美味しくのめる期限が違う、という話をしましたが、実は抽出した後マグカップに注いだコーヒーにも賞味期限があるのです。ずっと置いておいて冷めてしまったコーヒーを飲んで「まずい!」と思った経験はありませんか?コーヒーは放置すると酸化をし、嫌な酸味が増えてしまいます。コーヒーを抽出してマグカップに入れた後のコーヒーの賞味期限はもっとも短く、目安は「30分〜1時間くらい」です。やはりコーヒーは熱いうちが一番美味しいのです。アイスコーヒーの場合も同じく劣化してしまいますが、魔法瓶や水筒などに移して保存した場合「1日」は美味しく飲めるようになります。

味を劣化させない保存の仕方

コーヒー豆には「湿気」「空気」「温度」「光」という4つの敵がいます。この4つにめっぽう弱く、この中のどれか一つでも要素がある場所に保存しておくと劣化が進むのが早くなってしまうのでコーヒー豆を保存するにはこの4つをうまく避ける必要があります。美味しく保存できる場所としては、できるだけ密閉されたコーヒー豆の袋で冷凍庫に入れて保管するというのがベター。タッパーやジップロックの袋に小分けにして保存するのもおすすめです。

いかがでしたか?コーヒー豆の状態によって賞味期限も変わってくるのですね。鮮度の良い豆と劣化した豆では味わいに大きな差が出ます。賞味期限はありますが、賞味期限に関係なく、早めに飲むというのが、コーヒーを1番美味しく飲むことができるベストな方法だと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 名古屋喫茶店モーニング
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒードリップ人気
  4. バターコーヒー
  5. コーヒー豆一人前
  6. コーヒーの香り
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. ハワイコナコーヒー
PAGE TOP