コーヒーの効果

コーヒーはいつまで美味しく飲める?知っておいた方が良い賞味期限

みなさん、コーヒー豆の賞味期限っていつまでか知っていますか?そもそも、コーヒー豆に賞味期限があるの?と思う人もいるかもしれません。コーヒー豆にももちとん賞味期限はあり、時間がたったものは味が落ちてしまいます。今回はそんなコーヒー豆の美味しく飲める期限についてご紹介します。

豆の状態の賞味期限

焙煎した後のコーヒー豆の賞味期限ですが、これはコーヒー豆の製造メーカーによってかなり期間に幅があります。あるコーヒー豆の製造メーカーは「1ヶ月くらい」で賞味期限を設定していますし、他のところは「1年くらい」で設定しているところもあります。この期間の差は「賞味期限」という言葉の定義からきています。世の中には消費期限と賞味期限がありますが、消費期限は食べることができなくなる期間であり、賞味期限は美味しく食べることができる期間です。美味しいと感じる範囲が曖昧なので、一概にはコーヒー豆の状態での賞味期限を言うことが難しいのですが、あくまで目安として袋から未開封の場合には1年くらいで、袋から開封後は1ヶ月〜3ヶ月くらいをみると良いです。

粉の状態の賞味期限

コーヒー豆を挽いて粉の状態にするとコーヒー粉が空気に触れる面積がコーヒー豆の状態よりも多くなるので、コーヒー豆の状態よりも劣化が早まってしまいます。そのために可能であればコーヒーを豆の状態で購入して、コーヒーを作る都度にコーヒー豆を挽いた方が良いです。コーヒー粉の状態の賞味期限の目安は袋から未開封の場合には「1年くらい」で、袋から開封後は「2週間くらい」をみると良いです。粉にすると確実に味が落ちているとわかりやすくなるので、粉で買う場合には2週間以内に飲みきれる量をこまめに買うようにしましょう。

抽出した後の賞味期限

では、コーヒーを淹れたらもう安心かというとそうではありません。抽出した後マグカップに注いだコーヒーにも賞味期限があるのです。コーヒーを抽出してマグカップに入れた後のコーヒーの賞味期限はもっとも短いです。ホットコーヒーなのかアイスコーヒーなのかで賞味期限も異なってきますが、ホットコーヒーの場合の賞味期限の目安は「30分〜1時間くらい」です。質の良いコーヒーは多少冷めてからでも美味しく飲むことができますが、質の悪いコーヒーは冷めると一気に味が悪くなって飲めなくなります。アイスコーヒーの場合にはマグカップや魔法瓶などに移して保存した場合には「1日近く」味を持たせることができます。コーヒーを淹れたら、一番美味しく飲むにはコーヒーが熱いうちに飲みきるのがベストでしょう。

味を劣化させない保存の仕方

コーヒー豆は「湿気」「空気」「温度」「光」の4つに弱いのでコーヒー豆を保存するにはこの4つをうまく避ける必要があります。なので、できるだけ密閉されたコーヒー豆の袋で冷凍庫に入れて保管するのがオススメです。

いかがでしたか?コーヒー豆の状態によって賞味期限も変わってくるのですね。鮮度の良い豆と劣化した豆では味わいに大きな差が出ます。賞味期限はありますが、賞味期限に関係なく、早めに飲むというのが、コーヒーを1番美味しく飲むことができるベストな方法だと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP