コーヒーの効果

コーヒーの4つの健康効果と初心者でも簡単にできる美味しい入れ方

コーヒーの健康効果1:脂肪を燃焼してくれる

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸という成分がダイエット効果に大きく貢献してくれます。カフェインは、リパーゼという脂肪を分解する酵素を活発にし、脂肪の燃焼効が得られます。
クロロゲン酸は脂肪を効率よく燃焼させエネルギーに変える働きがあり、脂肪の代謝を促します。

この2つの成分の効果で「食事から摂取した脂肪を体に蓄積しにくくする」のと「体に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなる」ことから、コーヒーにはダイエット効果があるとされています。

またカフェインは血行を促進する効果があるので血液が身体の隅々まで行き渡り体温が上昇します。体温が1度上がると基礎代謝は12%上がると言われており、基礎代謝が上がった状態で有酸素運動などを組み合わせるとダイエットにもより効果的になります。

他にもコーヒーには利尿作用があるため、デトックス効果にも期待できます。排尿を促すことで老廃物を流しむくみを改善してくれるので、見た目的にもすっきりとさせることができるでしょう。

コーヒーの健康効果2:頭痛を緩和する

コーヒーを飲むことで頭痛が緩和されるというケースがあります。脳の血管が膨張することで起こる偏頭痛の場合、コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで血管が収縮されて痛みが和らぎます。

ただ、筋肉の緊張が原因で起こっている頭痛の場合は、コーヒーを飲んで血管がさらに収縮すると血流が悪化してさらに頭痛が悪化する場合もありますので、頭痛の緩和に効くのは頭痛の種類によるということになります。

普段からよくコーヒーを飲んでいる方は、飲んだ後の頭痛が軽くなっているか、それとも余計に痛くなっているか、自分の体調を注意深くチェックするようにしましょう。

コーヒーの健康効果3:老化を防止する

クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、抗酸化作用があります。ポリフェノールはお茶やココアにも含まれていますが、その中でもコーヒーには赤ワインと同じくらいの量が含まれているそうです。

物が酸素にふれると腐ったりサビたりすることを酸化といいますが、人間の身体でも同じような現象を起こします。身体が酸化するとしわ・しみ・そばかすなどの原因になるので、老化の原因となる活性酸素を抑制することで、アンチエイジングの効果が得られるのです。

また、コーヒーを飲む女性と飲まない女性だと、飲む女性の方がシミの発生が少ないという結果も報告されています。

コーヒーの健康効果4:うつ病の予防ができる

1日4杯のコーヒーがうつ病のリスクを20%も下げるそうです。カフェインが影響しているようですが、他のカフェインが含まれた飲料やチョコレートのカフェインだと、そのうつ病予防の効果は確認できなかったようです。

コーヒーに含まれるカフェインが中枢神経を刺激し、セロトニン(人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎに関与します)やドーパミン(快感や多幸感を得る・意欲を作ったり感じたりする)、ノルアドレナリン(やる気や意欲を高める)などの神経伝達物質の分泌を促して、抗欝剤と同じような働きをすると考えられています。

コーヒーの香りには脳をリラックスさせる効果がある、という研究結果も出ていますから、香りと含まれる成分、ダブルの効果に期待したいですね。

ちょっとした工夫でも、コーヒーの風味は変わってきます。
しかし、一番大切なのはコーヒー本来が持っている風味を最大限に惹いてあげることです。

1、「レギュラーコーヒーの入れ方」
初めての人でも簡単に手軽にコーヒーを淹れることが出来るのがペーパードリップです。

ペーパーフィルターは手軽に、いつでも新しいものに変えることができるので清潔さがあり、
1人分でもおいしく淹れることができます。

  1. あらかじめ温めておいたカラフェの上にドリッパーをのせます。ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセットし、紙のにおいをとり、ドリッパーにぺーパーフィルターをぴったりフィットさせ、上手に抽出を行うために、よく沸かしたお湯を全体にかけます。
  2. コーヒーを定量分、計って淹れます。1杯分(140ml)につきティースプーンに山盛り2杯(約8g)ぐらいが目安です。
  3. よく沸いたお湯を少し落ちつかせてから、粉全体にいきわたるように少しずつ注ぎ、10秒ほど蒸らしてください。粉が膨らむことで、おいしい味と香りが出やすくなります。
  4. 粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分け人数分のお湯を注ぎ、ドリップさせます。
  5. コーヒーがカラフェに落ちれば完成です!
    *注ぎ方はドリッパーにより異なります。

2、「インスタントコーヒーの入れ方」
お湯を注げば簡単に味わい深いコーヒーをすぐに淹れることができるのがインスタントコーヒーの魅力です。

  1. お湯を90℃まで沸騰させ、少し時間を置きます。
  2. スプーン山盛り1杯(2g)にお湯(140ml)を入れます。疲れたときは濃いめにお菓子と一緒の時は薄めになど、インスタントコーヒーは、個人の好みやその時々で加減ができるので、時と場合で変えてみるのもおすすめです。
  3. ミルクをいれる場合は、液状でも粉末状でも、コーヒーを入れてかき混ぜた後に入れてください。ミルクを高温のコーヒーにいきなり入れてしまうと、コーヒーの温度を下げるばかりでなく、コーヒーの酸とミルクの蛋白質が結合して、固まってしまいます。この現象をフェザーリング現象(かきたま汁のようになる)と呼ばれています。

コーヒー豆は種類や産地によって味に特徴があります。それらの特徴を1種類のコーヒー豆だけで楽しむ「ストレートコーヒー」や2種類のコーヒー豆を使った複雑な味の「ブレンドコーヒー」も、自分だけのおいしいコーヒーの入れ方だと思います。

その他に、焙煎仕立のコーヒー豆の方が風味をより一層引き立てます。
なぜここで自家焙煎をオススメするのかというと、生豆の良質保存期間は2年間ですが、焙煎された豆は3日で味や香りが低下すると言われています。
なので、「挽きたてのコーヒー」も良いのですが、 「煎りたてのコーヒー」こそが価値があるものだといえるでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. トルコのコーヒー占い
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーの酸味と苦味
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーハウス
PAGE TOP