コーヒーの効果

コーヒーの香りのアロマオイルがある?

鼻にぬけていくコーヒーの香り、とても嗅いでいて心地よいですよね。だるくてやる気の起きない朝でもコーヒーを淹れている時の香りを嗅ぐととても癒されてリラックス気分に浸ることができます。部屋中をコーヒーの香りでいっぱいにしたいと思ったことがある方も多いのでは?実はコーヒーには飲むだけでなく、「香り」にも様々な効果があるのです。コーヒーの「アロマオイル」があるほど。今回はその効果をご紹介しましょう。

コーヒーの香り成分

焙煎する前のコーヒー豆のことを「生豆」と言いますが、この生豆に含まれる香りの成分はなんと1000種類を超えていて、生豆の段階ではほかのどの食品よりも香りの成分の数が多いとされています。この1000種類のうちの100種類は焙煎すると消えてしまい、最終的には1杯のコーヒーには300種類前後の数が含まれていますが、コーヒーの主成分である「カフェイン」はあまり香りを持たない成分なのです。300種類でもとても多く感じますよね。

香りの3つの分類

①フレグランス

コーヒー豆をミルで挽く際に最も強い香りを出すと言われ、他の2つの分類に比べて特に強い香りのため香水として商品化されたりもしています。

②アロマ

コーヒーを淹れている時の香り。アロマはコーヒーに含まれる油分から出るもので、最も癒し効果やリラックス効果が高いと言われています。

③フレーバー

口に含むその瞬間に鼻にぬけるように感じる飲んでいる時に感じる香り。よく、コーヒーの風味や香りを飲んだ後にチョコレートやナッツ、フルーツなどに例えることがありますが、それはこのフレーバーのことで、コーヒーの品種や生産地、製法などが大きく影響しているようです。

コーヒーのアロマオイル

3つの分類の中でも特に「アロマ」にはリラックス効果が高く、その効果に注目されアロマオイルとしても販売されています。コーヒーの木の中でも最も初期から栽培されていたCoffea arabicaの種子から抽出された、濃い色をしたアロマオイルです。

作用としては、鬱・酸化防止・刺激・食欲増進・鎮痛・皮膚軟化・脱臭などに効果があり、また、落ち込みを緩和したり、不安や緊張感を和らげ、安心感を与えてくれる効果もあります。体への効果としては、呼吸器系の不調、吐き気や熱を緩和、痛みの緩和にも効果的です。

ハンカチにつけて持ち歩いたり、直接嗅いだりすることで気持ちが落ち着いてリラックスすることができます。また、コーヒーと同じように様々な香りと相性が良いので部屋に香っていても気にならずに使用することができます。

 

いかがでしたか?「香り」には、人の心の深い部分を動かす不思議な力を持っています。特にコーヒーの香りにはリラックス効果があったり、そのほかにも心にも体にも効果があったりします。コーヒーが好きな人はもちろん、コーヒーの香りは好きだけど味が苦手という人は、今回ご紹介したアロマオイルを使用してみてはいかがでしょう。持ち歩いても良いですし、アロマオイルを1.2滴お風呂に垂らしてアロマバスにして楽しむのもいいです。お風呂でコーヒーの香りを嗅ぐことで、より一層リラックスできる空間をつくることができるのではないでしょうか?ぜひ試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒー豆一人前
  9. 喫茶店のフランチャイズと直営店
  10. コーヒー染め
PAGE TOP