コーヒーの効果

コーヒーの効果・効能を料理にプラスして効率的に取り入れよう

    コーヒーには沢山の効果・効能があります。その効果・効能をもっと上手に取り入れる方法として、コーヒーを料理にも使うことをおすすめします。

    意外な組み合わせがまた新しい発見に繋がります!

    コーヒーの主な成分

    コーヒーが飲まれるようになったのは15世紀前後と考えられていますが、最初はイスラムの修道者が「秘薬」として用いていて、日本にも最初は「薬」としてもたらされました。

    そのくらい効能・効果が多いコーヒーは成分も豊富。

    主な成分として、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、ビオチン)、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンなどを含みます。

    コーヒーの効能

    疲労回復、代謝の促進、利尿作用、血糖値抑制、覚醒作用、動脈硬化・高血圧・糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・がんの予防など。

    主な成分の中でビタミンが多いですが、特にビタミンB群のナイアシン・ビオチンが非常に豊富。

    ナイアシンは循環系・消化系・神経系の働きを促進したりアセトアルデヒドを分解、血管を拡張して血行をよくする効果もあるため、二日酔いの時や温まりたい時などに効きます。

    ビオチンは糖質・脂質・たんぱく質の代謝を助け、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる効果があります。

    ミネラルはマグネシウムが豊富。

    マグネシウムは過労や睡眠不足、ストレスや喫煙などで起こる「血小板の凝集」や「血管の収縮」を抑える効果があります。代謝に関係する酵素の活性化や、糖をエネルギーに変換する働きがあります。また、体内の水分を腸に集める働きがあり、腸に残っている宿便が、体外に排出されやすくなると言われています。なのでダイエットにも効果があります。

    コーヒーを料理に取り入れて上手く使おう

    コーヒーをそのまま飲むというのが一番効果を実感できる方法だと思いますが、コーヒーの苦み・酸味が苦手という方や子供はなかなかそのまま飲むことがないと思います。

    そこで、コーヒーを料理に取り入れる方法をご紹介します。

    ①肉料理

    実は肉とコーヒーはベストパートナー!肉独特の臭みを取り除く効果や、柔らかくする効果があります。調理前にコーヒーに肉を浸しておいたり、煮込む時に混ぜたりするのがおすすめです。

    ②カレー

    カレーの隠し味として、仕上げに少量入れるのがおすすめ。コーヒーの苦みとほんのり香る風味がカレーにコクやスパイシーさをプラスしてくれます。

    ③ミートソース

    トマトベースにインスタントコーヒーなど粉末状のコーヒーを混ぜて煮込むことで、よりコクが深くなり本格派な味になります。

    ④和食

    和食とも相性が良いコーヒー。あっさりしている味だからこそコーヒーのコクが引き立ちます。お味噌汁などもコクが加わり奥深い味わいになります。

    このように、コーヒーの特徴を上手く利用してより美味しくする料理活用法がいろいろあります。

    ただし、コーヒーかすは料理に使うにはあまり向いていないので飲みきれなかったコーヒーやインスタントコーヒーを使うと良いでしょう。

    コーヒーには沢山の効果・効能が期待できるので苦手という方やいつもの飲み方に飽きてしまっている方はぜひ料理に取り入れてみてください。

     

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP