コーヒーの効果

コーヒーのカフェインは冷え症の敵だった

日本人女性の70%が冷え性に悩んでおり、日本人男性の40%以上が自分は冷え性なのではないかと思っているそうです。私自身、冷え症のため、冬はなにか温かい物をと思ってコーヒーはよく飲んでいました。しかしなんと、そのコーヒーのカフェインは飛翔を悪化させるというのです。今回は詳しくご紹介します。

冷え症とは

冷え症って、ただ手足が冷えていることを言うのでは?と思っている人多いのでは。具体的にはどんな症状なのか曖昧な人も多いかと思います。冷え性とはひとことで言うと、手足や腰がいつも冷たく感じる症状や体質のことを指します。冷え性は女性に多いと言われており、冷え性から水分代謝や血流が滞って、むくみ・頭痛・肩こりなどの副次的な症状が発生することもあります。夜中に手足が冷えて寝つきが悪くなる人は冷え性なのかもしれません。冷え性になる原因は基礎代謝の低下です。年を取ることや運動不足により筋肉量が減って基礎代謝が下がると体温も下がり、血液不良から冷えやすい体質になります。

コーヒーを飲みすぎると冷え症がは悪化する?

ホットコーヒーを飲むと温まって冷え性は治りそうな感じもしますが、実際は逆で過剰に飲むと体を冷やす作用があります。少量のコーヒーであれば血行を促進させて体を温めることができるのですが、コーヒーを飲みすぎると逆効果になります。これはコーヒーに含まれているカフェインに体を冷ます作用があるからであり、冷え性の人はコーヒーの飲みすぎに注意をする必要があります。また、アイスコーヒーの場合には少量であっても体を冷やしてしまうので気をつけましょう。また、砂糖をコーヒーに大量に入れると冷え性を悪化させるとも言われています。砂糖をたっぷりとコーヒーに入れる血糖値を急激に上昇させることになり、体は上がりすぎた血糖値を低下させるためにインスリンを放出します。

このインスリンが放出されて血糖値が低下することで体温も合わせて低下します。そのために砂糖をコーヒーにいっぱい入れると冷え性を更に悪化させると言われており、甘党で砂糖をコーヒーに良く入れる人はハチミツなど他のもので代用をした方が無難です。

冷え症を悪化させる原因

コーヒーに含まれているカフェインが体温を低下させ、冷え性が悪化するということでしたが、カフェインを摂取することが体温の低下につながる理由はいくつかあります。

①カフェインが自律神経のバランスを崩す

カフェインは交感神経を刺激して、自律神経のバランスを崩すと言われています。自律神経のバランスが崩れると血行の流れが悪くなり、それが冷え性の悪化へとつながります。

②カフェインに利尿作用があるため

利尿作用で水分を体外に排出すると体の熱も奪われます。そのためにコーヒーの利尿作用でトイレに行く回数が増えると体温が低下します。また、排出時に水分が放出されることによって血管が収縮するので、それが冷え性につながることもあります。

以上、コーヒーと冷え症の関係についてみてきました。実は相性が悪かったのですね。しかし、ノンカフェインコーヒーやたんぽぽコーヒーはカフェインが含まれていないので、こちらを飲んで体を温めることをおすすめします。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP