コーヒーの効果

コーヒーによる歯の着色・・・原因と対策

朝、昼、晩、毎回食後にコーヒーを飲むという方、会社でも飲んでいるという方、たくさんいることと思います。コーヒーを飲み終わり、鏡をみて歯が茶色くなっていて気まずい思いをしたことはありませんか?コーヒーを飲むと歯に着色してしまうのでとても厄介です。今回はそんな歯の着色の原因と対策をご紹介します。

コーヒーによる歯の着色の原因

コーヒーには、着色成分のある物質が3つも含まれています。それは「タンニン」「カフェイン」「褐色色素」の3つです。最後の「褐色色素」とは、コーヒー豆を焙煎した際に出てくるとても濃い色素のことです。これだけの着色成分があると、食後毎回コーヒーを飲んでいるとしたら歯が黄色くなってしまうのも無理ありません。しかし、コーヒーにはこの着色成分以外にも原因があります。これらの成分だけではあれほど色濃く着色はしないのです。ではなにか、コーヒー色素以外の黄ばみの原因として考えられるのは、「微細なコーヒー豆の付着」です。コーヒーを飲むと、最後カップに茶色い粉のようなものが沈んでいますよね?それはとても細かいコーヒー豆です。その微細なコーヒー豆が歯や舌に残ることで1杯飲んだだけでも目でわかるほどの着色になるのです。

コーヒーの着色を抑える方法

そんな色濃い着色も、完全にとは言えませんが抑える方法があるので是非実践して下さい。

①水でゆすぐ

コーヒーを飲んだあと、なるべくすぐに水で口をゆすいで下さい。コーヒーの着色は放っておくとどんどん歯に浸透して取れづらくなるのですぐゆすぐのがポイントです。

②ガムを噛む

これはだいたい10~20分ほどが目安です。口内が乾燥している方が汚れが付着しづらくなるので、ガムを噛み唾液を出すことによって乾燥を防ぎ、更に歯の「再石灰化(修復)」を促しくれます。

③歯磨きをする

余裕があるようであれば、コーヒーを飲んだ後毎回歯磨きをすることをおすすめします。しかし、コーヒーを飲んだ直後は口内が酸性になっており、歯のエナメル質が柔らかくなっているため歯の表面に傷がつきやすく、次に飲んだ時にそこに色素が沈殿してしまう可能性等があるため、直後の歯磨きはやめたほうが良いでしょう。

④リンゴ酸を含む食べ物を食べる

「リンゴ酸」は、歯の黄ばみを除去してくれる働きを持っています。例えば、リンゴやなし、赤ブドウ、さくらんぼ、いちご、バナナなどです。繊維が豊富に含まれており、この繊維で汚れをからめとってくれるのです。

⑤ナプキンなどで歯を拭く

シンプルながら、飲んだ後すぐにできてすぐに落とせるのはこの方法でしょう。強く拭きすぎてしまうと、歯を傷つけてしまうので優しく拭くことが大切です。

以上のように、歯に着色してしまってもすぐに対策をとることで、色の定着を抑えてくれます。何もせず連続して飲んだり、うっかり歯磨きを忘れてしまったりするとうのを何回も繰り替えしていると色素はどんどん歯に定着していき取りづらくなるでしょう。歯医者さんへ行って、クリーニングやホワイトニングの治療を細目に受けるといった対策も予防になるので効果的ですね。歯の着色は飲んだあとの対応次第で抑えることができますので、コーヒーを飲む時はそれらのことは一旦考えずに美味しく飲みましょう。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. ドイツの珈琲
  4. バターコーヒー
  5. カフェ開業
  6. コーヒーの仕事
  7. ハワイコナコーヒー
  8. ロンドンのコーヒーハウス
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP