コーヒーの効果

コーヒーにもある、アレルギーについて

コーヒーアレルギーの人が実際にコーヒーを飲んだ際に現れる症状は人それぞれ違います。単発的に具合が悪くなっただけであればただ単にコーヒーの飲みすぎの可能性もありますが、コーヒーの飲むたびに後ほど紹介する症状が出るのであればコーヒーアレルギーなのかもしれません。

コーヒーアアレルギーとは

コーヒーアレルギーとはひとことで言うと、コーヒーを飲むことによって体の調子が悪くなるなどの症状が出ることを言います。ある特定の食べ物にアレルギーであることは有名ですが、コーヒーにも実はアレルギーが存在します。あまりコーヒーアレルギーは知られていないので、たとえコーヒーアレルギーであったとしても自覚を持っていない人が多く、気づいていないけど実はコーヒーアレルギーということもあるようです。

コーヒーアレルギーの症状

①吐き気

コーヒーアレルギーの中でおそらく最もよく見られるのが吐き気の症状です。コーヒーのカフェインは胃酸を分泌する作用があるので、そのせいで吐き気が出ると言われています。②蕁麻疹

アレルギー症状の代表格とも言える蕁麻疹ですが、蕁麻疹になると発疹し皮膚に痛みや痒みが出てきます。アレルギー体質の人は特にじんましんが出ていないか確認した方が良いです。

③貧血

コーヒーアレルギーの人はコーヒーを飲むたびに貧血になることもあります。コーヒーにはタンニンという物質が含まれており、このタンニンは鉄分の吸収を妨げます。

④腹痛

コーヒーのカフェインの成分が作用して、コーヒーを飲むとお腹が痛くなる人がいます。単発的なものであれば問題ないのですが、コーヒーを飲むたびに腹痛になるのであればコーヒーアレルギーを疑った方が良いでしょう。

アレルギーの検査方法

自分がコーヒーアレルギーなのかもしれないと少しでも感じたら、手遅れにならないように直ちにアレルギー検査をした方が良いでしょう。コーヒーアレルギーの検査方法は主に2種類。自宅で検査キットで調べる方法と病院で検査する方法です。自宅で検査キットで調べる場合には2万円前後かかりますが、自分にどんな食物アレルギーがあるのか手軽に調べることができます。一方で、病院でコーヒーアレルギーの検査をする場合にはアレルギー科や皮膚科などに行きます。病院でコーヒーアレルギーの検査をした方がより確実で間違いないかと思いますので、もしかしたら自分はアレルギーを持っているのではないかと不安に感じている人は一度検査をすることをおすすめします。

以上、コーヒーアレルギーについてご紹介しましが、アレルギーというのは軽いものから「アナフィラキシーショック」という死に至る重度のアレルギーまであります。アレルギー全般に言えることですが、アレルギーとはある日突然発症します。コーヒーアレルギーも同様であり、今までは全然大丈夫だったのにいきなり発症することがあるのです。なので、自分は大丈夫とコーヒーを飲みすぎたりしてしまうのはとても危険な行為です。コーヒーの許容量は当然人によって異なるのですが、コーヒーを毎日のように飲み続けるとある日突然許容量を超えて、コーヒーアレルギーになってしまうので、一日の適正なっ摂取量は守るようにしましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP