コーヒーの効果

コーヒーと紅茶、どちらが健康にいいか

みなさんはコーヒーと紅茶、どちらが健康に良いか考えたことはありますか?どちらもカフェインを含む飲み物ということで共通店がありますが、健康面での効能はそれぞれ違います。今回は、コーヒーと紅茶の効果をそれぞれみていき、比べてみましょう。

コーヒーと紅茶の共通点

コーヒーと紅茶の共通点と言えば、やはり「カフェインが含まれていること」が有名ですよね。カフェインによる効果は多々挙げられていますが、代表的なもので言うと、眠気を覚まさせてくれる覚醒作用があることで知られています。また同様に、カフェインによる利尿作用や摂りすぎによる中毒性も共通しています。どちらも飲み過ぎには十分注意し、ほどほどに楽しむことが大切です。そして、コーヒーや紅茶を楽しむ理由として最も多いのが、「リラックス効果」です。コーヒーや紅茶の香りには脳のα波を活性化させてくれる働きがあり、休憩時など、落ち着きたい時には本能的に飲みたいと思っていると思います。

まだまだ明確な効果とはいえない

コーヒー、紅茶ともに、現時点でさまざまな効果・効能があると知られていますが、全ての効能が解明されているわけではありません。例えば、少し前まで、コーヒーの飲みすぎは発ガンのリスクがあると言われていましたが、ハーバート大学によると飲みすぎることの健康への影響は少ないとの研究報告が出されています。まだまだ秘められた効果がこれから解明されていくかもしれませんね。また、紅茶は昔「不老長寿の霊薬」「東洋の秘薬」と呼ばれており、同様にコーヒーもイエメンやエチオピアなどで「不思議な赤い実」として伝説が語り継がれていたとのことです。

コーヒーの効果・効能

上で述べた通り、すべてが100%確実というわけではありませんが、

香りによるリラックス効果、がんの予防効果、アンチエイジング効果(老化防止・美容効果)、ダイエット効果、二日酔いに効果、うつ病の発症率が10%低下、心拍数を下げる(死亡率の低下)などが挙げられます。

コーヒーにはカフェインのほか、がんの発生や転移、増殖を防いでくれたり、シミ、しわ、たるみなどを防止してくれるクロロゲン酸(ポリフェノールの一種)も含まれており、美容やダイエット、健康維持のために飲まれる方も増えているそうです。また、カフェインの効果により、気管支喘息が改善したり、偏頭痛の緩和も期待できるとも言われています。

紅茶の効果・効能

香りによるリラックス効果、がん予防効果、アンチエイジング効果(老化防止・美容効果)、ダイエット効果、インフルエンザの感染を予防、成人病の予防効果あり、歯垢防止・虫歯予防などが挙げられます。

こうしてみると、コーヒーとかぶっている効果・効能が多いことがわかります。紅茶にもコーヒー同様にポリフェノールが含まれています。全ての紅茶は植物の葉から作られ、収穫後に十分に乾燥させます。乾燥時の酸化する過程において、有害な化学物質が取り除かれます。

いかがでしたか?どちらも健康面への効果・効能がたくさんあるので、どちらが、というわけにはいきませんが、アレルギーに悩む方には、紅茶のほうがおすすめです。コーヒーと紅茶、共通していることは、どちらも飲みすぎると動悸や不眠症、吐き気を引き起こしてしまう可能性があるという点。どちらも、体の調子に合わせて適度な量を守ることが何よりも重要です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP