コーヒーの効果

コーヒーと体臭の関係

コーヒーには、口臭や体臭対策に良い効果を発揮してくれる成分が含まれているというのはみなさん耳にしたことがありますか?実際、コーヒーには消臭効果があります。しかし、コーヒーを摂取しすぎると、逆に体臭の原因になることをご存知でしょうか。今回はコーヒーと体臭の関係についてご紹介したいと思います。

コーヒーの消臭効果

まずは、コーヒーの消臭効果が体臭を抑える事例から見ていきましょう。コーヒーは体臭・口臭に効果があると言われています。

クロロゲン酸による抗酸化作用

コーヒー成分の一つ「クロロゲン酸」には、抗酸化作用があるとされているため皮脂の酸化を防ぐ効果があります。頭皮の匂いなど、皮脂の酸化による体臭はコーヒーによって抑えられる可能性があるのです。

カフェインによる便秘解消効果

便秘状態が続くと、老廃物が排出されずに汗などとして毛穴から身体から分泌されるので体臭の原因に繋がるのです。コーヒーに多く含まれるカフェインには、腸の動きを活発化させる効果があるので、便秘が解消され体臭対策にもなるとされています。

胃液分泌による消化促進効果

コーヒーを飲むことで、胃液が多く分泌されるようになるため消化を促進してくれます。消化不良の状態は、体臭や便臭の大きな原因ですのでコーヒーを飲むことは、効果があると言えるでしょう。

コーヒーが体臭を引き起こす理由

コーヒーには、体臭対策に効果を発揮する作用がある一方で、「過剰摂取」により逆に体臭を悪化させる効果もあります

①皮脂の酸化

カフェインは交感神経が刺激する作用があり、男性ホルモンが活発になり皮脂分泌量が増えるのです。また、コーヒーに含まれる油分の過剰摂取も皮脂分泌増加の原因で、過剰に分布された皮脂は外気に触れることで酸化し、油臭さや加齢臭といった体臭を引き起こします。

②肝機能低下

コーヒーの過剰摂取は肝臓に負担を与え、肝機能低下の原因になります。肝機能が低下すると、尿と排出されるはずの老廃物(アンモニアなど)が蓄積されて血液へと流れ出し、全身をめぐります。その結果汗や呼吸に混ざり、酸っぱいような体臭や口臭の原因となるのです。

血行不良

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」は鉄分と結合しやすい成分です。このため過剰なコーヒーの摂取は、体内の鉄分を減少させ、血行不良の原因を作ります。血行不良になると、唾液量、酸素量の低下を引き起こし、体臭の原因になります。

睡眠不足

カフェインの覚醒作用により、眠りの質が低下し睡眠不足の原因になることも考えられます。その結果、胃腸や肝臓などの内臓機能が低下してストレス、代謝の低下、自律神経の乱れを引き起こし体臭の原因となるのです。

水分不足

コーヒーの利尿作用により、体内が水分不足になる可能性もあるのです。水分不足になると汗の量は減少します。臭いの元となる成分が濃縮され、その結果、通常より汗のにおいが強くなり、体臭の原因になるのです。また、口内が乾くことで口臭の原因にもなります。

いかがでしたか?コーヒーが体臭の原因となる作用はたくさんあるので気をつけたいものです。食後に飲むようにすると良いでしょう。食後は胃液の分泌が促進され、消化不良などの内臓が原因で起こる体臭を防ぐことができます。飲み方に注意すれば、私たちの味方になる飲み物です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP