コーヒーの効果

コーヒーとたばこは相性抜群だった?

コーヒーとたばこの組み合わせというと、あまり健康に良くないイメージがあるのは私だけでしょうか?口臭がひどくなるとも聞いたことがあるので、あまり良い組み合わせのイメージではありません。しかし実は、コーヒーに最も合うフードペアリングは、タバコであるとか言う人もいるくらい相性が良いのだとか。今回はそんなコーヒーとタバコの関係について、そもそもなぜこんなに相性がいいのか、コーヒーとタバコを一緒に吸うことのデメリットとその対策は何なのかについてご紹介します。

なぜ相性が良いとされているのか

そもそもコーヒーとタバコはどうしてこんなにも相性が良いのでしょうか。これにはコーヒーに含まれるカフェインと、タバコに含まれるニコチンが関係していると言われています。まずコーヒーを飲むとカフェインが体に入ります。するとドーパミンがでて気持ちが良くなると同時に血管が拡大します。次にタバコを吸うとニコチンが体に入ります。この時にも更にドーパミンがでて次は血管が縮小して、もっと気持ち良くなります。この血管の拡大と縮小の関係と、ドーパミンの摂取によって普通にタバコを吸うよりももっと気持ち良くなれるのではないかと言われています。

しかし実際のところは何でこんなに相性が良いのかわかっていないところがあります。他の意見としては、タバコを吸うとノドが痛くなりますが、コーヒーと合わせて飲むことでコーヒーの煙に含まれる粒子をうまく体内に流し込んでノドがすっきりするという意見や、コーヒーに含まれるカフェインの代謝のスピードが、タバコによって倍増し、それが気持ち良さにつながるという意見などがあります。どちらにしても、コーヒーを飲むとタバコを吸いたくなるのにはいくつかの理由がありそうです。

コーヒーとタバコは口臭の原因になる

しかし、やはり「口臭」はひどくなるようです。口臭の主な原因はタバコにあります。そしてタバコの臭いがひどくなってしまう理由としてはタールとニコチンの2つがあります。

①口臭の理由のタール

このタールというのが、いわゆるみんながイメージするタバコの臭いを作っています。タールの事をヤニと表現して「ヤニ臭い」とか言うこともあります。このタールはねばねばとしていて、歯、舌、歯茎など口の中にへばり付きます。この口の中に付着したタールがタバコの臭いを発生させます。黄色いシミもタールの原因であり健康にも悪いです。

②口臭の理由のニコチン

ニコチンという名前は有名でほとんどの人が聞いたことがあると思いますが、ニコチンを取ると体内の毛細血管が収縮して血流が悪くなります。これによって歯茎の血管も収縮してしまい、唾液が出る量も減ってしまうと同時に、歯周病菌に対する抵抗力も低下してしまいます。そのために口の中には口臭の原因となる細菌まみれになってしまい、口臭がひどくなるというわけです。

いかがでしたか?実際に気分をリラックスさせるためなどであれば、タバコとコーヒーは最高の組み合わせのようですね。映画などでもこの組み合わせはよく見ます。しかし、やはりこの組み合わせにはデメリットもあります。なので、対策をしながらこのタバコとコーヒーの組み合わせを楽しんでください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP