コーヒーの効果

カフェインレスコーヒーに危険性があるって本当?

コーヒーの主成分である「カフェイン」。このカフェインには覚醒効果などがあり、コーヒーを飲むと目が覚めたり脳がぼんやりしないなどと言われています。しかしこのカフェイン、苦手な方もいるのでないでしょうか?また、少なからず体に変化をもたらしますので妊娠中・授乳中の方は摂取しないように、と言われていると思います。「そんなこと言ったってコーヒーが飲みたい!」って気分の時に最適なのが今回紹介する「カフェインレスコーヒー」です。しかし今、カフェインレスコーヒーが危険という声が出てきています。それはなぜなのでしょうか、みていきましょう。

「カフェインレスコーヒー」とは

こちらは一般的によく「デカフェ」と呼ばれたりもします。完全にカフェインを取り除いてあるわけではないですが、ごくごく少量まで除去されています。では、どのようにしてカフェインのみを除去しているのでしょうか?

①水で抽出する

水を使用してカフェインを抽出する方法です。まずコーヒーの生豆を水に浸し、その水にカフェインを溶け出させます。その溶け出した水に有機溶媒と呼ばれる薬を使用してカフェインを抽出します。この薬ですが、コーヒー豆に直接触れることはありません、そのためこちらの方法は安心な製法として多くのデカフェ商品に採用されています。

②二酸化炭素で抽出する

二酸化炭素に一定以上の温度と圧力を加えると、二酸化炭素は気体と液体の両方の性質を持つ状態になり、そこからカフェインを抽出する製法です。二酸化炭素は常温常圧に戻すと除去されます。万が一二酸化炭素が残ってしまった場合でも特に毒性はないので安心です。こちらの方法は味や風味がほとんど失われない上に、1番安心かつ高度な製法です。

③薬を使用して抽出する

「ジクロロメタン」と呼ばれる、カフェインが解ける薬品を使用してカフェインを抽出する製法です。この製法は、風味が損なわれたり薬品が残ってしまったりという問題点があります。そのため、現在日本ではこの製法を使った商品の輸入や販売が禁止されています。

「ジクロロメタン」の危険性

上で述べたようにデカフェにするには3つの製法があり、水を使用する製法と、二酸化炭素を使用する製法は安全とされています。しかし、「ジクロロメタン」には危険性があるのです。このジクロロメタンは、なんと金属機械の油脂の洗浄等に使用されていれ、発がん性もあるとのことで、日本では産業廃棄物として処理する場合には監視が必要なほどです。

ではなぜ劇薬ともいえる「ジクロロメタン」は海外では許可されているのでしょうか?それは、カフェイン文化の根強い欧米を中心に「カフェインよりは大丈夫なのではないか」という考えの人が多いためと言われています。日本とは価値観が違うのです。例えば、日本では絶対に禁止されている大麻ですが、海外では合法化されていたり・・・。そのため、ジクロロメタンも同じように合法として使用されているのです。

安心してカフェインレスコーヒーを飲むために

とはいえ、日本で販売されているものは安全です。購入する際には、「生産地を確認し、なるべく日本産のものを選ぶ」「身元がわからない販売元のものは購入を避ける」ということを守り、危険なものを避けましょう。メリットもたくさんあるので、安心安全なものを選んでカフェインレスコーヒーを飲みましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー栽培
  2. 海外のコーヒー
  3. コーヒー栽培
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. カフェ開業経営
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP