コーヒーの効果

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違い【コーヒーの健康効果も分かる!】

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーのことがよく分からなったと言う場合はこの記事を読むと良いです。おさらいになりますし、またドルチェグストとバリスタの事も書かれていますのではっきりと区別を付けられるようになります。

・インスタントコーヒーとレギュラーの基礎知識

インスタントコーヒーとレギュラーの基礎知識をおさらいしましょう。
まずインスタントコーヒーはお湯で溶かし、レギュラーコーヒーはお湯で入れます。

インスタントコーヒーは作る工程としては焙煎したコーヒー豆からコーヒー液を抽出し、さらにそれを乾燥させ粉末状にすると言う複雑な手順を経ます。
インスタントの利点は場所を取らずゴミもあまり出ませんしお財布に優しいですが、その複雑な手順のためかコーヒー本来の風味と香りはあまり感じられません。

反対にレギュラーコーヒーは焙煎した豆からコーヒー液を抽出するので、インスタントコーヒーと違い豊かな味と香りが楽しめます。

ただインスタントコーヒーと違いすぐには飲めず、道具のスペースの書くほうが必要です。豆以外の消耗品も多くあり、味も入れ方によっては安定しません。

なおレギュラーコーヒーはUCCが作ったようです。確かにUCC以外でこの言葉を聞いたことがないような気がします。

・レギュラーコーヒーは手軽特化

ユーザー間でもレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの味は一目瞭然です。レギュラーコーヒーはお湯の重さだけで味を出すので一番自然なやり方と言えますし、私としてもインスタントコーヒーの味は”偽物”と言う味だと思っています。

しかしそれでもインスタントコーヒーが多く出回っている理由は何でしょうか? それはインスタントコーヒーの方が圧倒的に手軽だからです。

上の見出しを読んでもらうと分かるように、ギュラーコーヒーはそれほど手軽ではありません。

またコーヒーをいれる時間としても、私のように仕事しながら飲むなら、インスタントコーヒーのような時間のかからなさに勝るものは、コーヒーに限って他にはありませんし、これからも現れることはないと言っても良いでしょう。

・ドルチェグストとバリスタの味と手軽さ

ちなみにドルチェグストとバリスタの方は手軽さと味の面でどうでしょうか?

まずドルチェグストは専用カプセルが必要です。味はインスタントコーヒーより美味しいですが、レギュラーコーヒーには劣ります。

水を入れて1、2分待つだけでコーヒー出来あがりますが、ただそれをするために最初は色々とセットをしなければなりません。(インスタントコーヒーのように買って開封してカップにポンッではすみません。)また意外にゴミが結構出るうえ、ゴミの分別も大変なようです。

続いてバリスタの場合はどうなんでしょうか? パリスタもすぐには出るのでず抽出時の音が大きいのが欠点です。(ドルチェグストも同じですね。)
ただ1杯約14円と言う安さは格別です(ドルチェグストでは一杯約50円もかかります)

・ドルチェグストとバリスタは中間

以上の観点からでも、インスタントコーヒーに勝る値段の安さとコーヒーの手軽さに勝るものはないと言っても過言ではないのです。ただ味はインスタントコーヒーはあくまで偽物の味しか出ないかなと個人的は思いますので、レギュラーコーヒー並の美味しさとインスタントコーヒー並の手軽さが良いのなら、ドルチェグストとバリスタで良いのかなと思います。

人々がコーヒーが好きな理由は様々ありますが、最も大きな理由は何でしょうか? ここでは「ストレス社会が原因かもしれない」と言う観点から記事を描いています。
コーヒーには慢性ストレスを減らしたり、死亡リスクも回避すると言う円滑に生きてく術が沢山あります。それらを一つずつ見ていきましょう。

コーヒーのストレス解消効果

様々な作業をしていて自分が思ったよりも出来なくてストレスが溜まることがあります。そんな時にコーヒーは役に立ちます。カフェインにはストレスを緩和させる効果があり、また香り自体にもリラックス効果があります(なお粉末状でも効果があるようです)。ちなみに他のリラックス効果があるものと比較しても、コーヒーが一番リラックス効果があったと言う研究結果もあるようです。

またコーヒーには利尿作用や新陳代謝を促したり、クロロゲン酸と言う美容に良いポリフェノールの一種があります。オフィス街の中心にコーヒー店があったりするのは、そのリラックス効果と美容効果が働いている方に支持されているからかもしれません。

ただし味がそうであるように、リラックス効果にもコーヒー豆の鮮度が関係してきます。焙煎されてから一週間以上経つと段々効果が失われる模様です。

慢性ストレスにコーヒーがおすすめ

ちなみにカフェインは慢性ストレスを軽減すると言われていますが、その慢性ストレスとは、人間関係や騒音普段からあるストレスのことでです。
台風や交通事故など”突発的なストレス”は、「慢性ストレス」とは言いません。
また一日に3~4杯飲むと死亡リスクが約3割減ると言う、アメリカの大手大学の研究結果もあります。

他には視力停止を防止する効果も期待されているストレス社会で戦うのにコーヒーは良い相棒なのです。
ちなみにまた中枢神経を刺激し、眠気を覚ましてくれる効果もあります。
それで反対に言えば作業をするのに役に立つのであって、リラックス効果があると言っても安眠できる効果があるわけではありません。

ストレスを和らげリラックスさせる効果のあるコーヒー

ちなみに韓国もコーヒー消費量が年々増加していて、日本と同じようにコーヒー大好きの国になりつつあるようです。また背景にはストレスの増加があると言われています。
ストレスが高まると苦味が欲しくなる嗜好になり、だからよく飲むようになっているようです。

また、日本人は昔からの主食である野菜や魚などから摂れるカリウムは、実はコーヒーにもカリウムが多く含まれているのです。

カリウムには高血圧やむくみなどを解消する栄養素もありますが、日本人は昔からストレスに晒さられておりそれを解消するために魚や野菜、近年になってそこにコーヒーと言う選択肢が増えたかもしれまん。

そして韓国も日本に後追いするように、コーヒーのストレス解消策の一つとして加えるようになったと言うことかもしれません。

コーヒー店が多いのはストレス社会だからとまとめるのは寂しいかもしれませんが、あながち無関係とは言いづらいかもしれません。
ただストレス解消策として同じく有効な神社や自然などの景観巡りと違って、コーヒーを飲むのはお金がかかるのでそう言った贅沢ができるは幸せなかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. ドイツの珈琲
  4. カフェ開業メニュー
  5. コーヒーメーカー
  6. スターバックス
  7. チェーン店のカフェ
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コンセプトカフェ女子
PAGE TOP