コーヒーの効果

インスタントコーヒーのダイエット効果とカフェインで集中力upと頭痛改善の効果

コーヒーでダイエットできるひとつの理由はクロロゲン酸

何故コーヒーでダイエットができると言われているのでしょうか。その理由にはコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸が大きく関わっています。そこで、クロロゲン酸とカフェイン、それぞれがどのようにダイエットに効くのかを見ていきます。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には脂肪燃焼効果があると認められていますが、もう少し詳しく説明します。脂肪はミトコンドリアという細胞に取り込まれることで体を動かすエネルギーになりますが、このミトコンドリアが脂肪を燃焼させる効率がダイエットでは重要になってきます。

コーヒーのクロロゲン酸が脂肪を燃焼させるミトコンドリアに働きかけることで、ミトコンドリアはその働きをより活性化させ、その結果普段よりも多くの脂肪をエネルギーに変換させる事が出来るようになるのです。

このためコーヒーを飲むことで体内にクロロゲン酸が摂取された状態で運動をすると、脂質がエネルギーとして普段よりも使えるようになり、さらにクロロゲン酸の持つもう一つの効果の摂取する糖質などが体内に蓄積しないようにブロックしてくれる働きによって、よりダイエット効果も高くなるのです。

コーヒーに含まれるカフェインのダイエット効果は

それでは、コーヒーに含まれるカフェインはどのようにダイエットに効くのでしょうか。私たちの体には脂肪を分解する消化酵素の一つとしてリパーゼがあります。

このリパーゼによって脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解され燃焼しますが、この分解に時間がかかることが「運動をおこなっても脂肪は燃焼するまで時間がかかる」と言われている理由です。そしてコーヒーのカフェインにはリパーゼの働きを活発にさせる効果があるためダイエットに効くと言われているのです。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、血行をよくすることで基礎代謝を高める作用があります。この血行をよくすると言う効果は、ダイエットだけでなく肩こりや冷え性の解消にも効果があると言われています、さらにカフェインには交感神経を活発にする働きがあります。

人は副交感神経が働いている時には脂肪をためやすくなりますが、交感神経が働いていると脂肪を燃焼しやすくなることから、コーヒーのカフェインがダイエットに効果があると言われるのです。

インスタントコーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインの量

ところでインスタントコーヒーにはドリップで出したコーヒーと比較してどのくらいの量のクロロゲン酸とカフェインが含まれているのでしょうか。10グラムの豆から、熱湯で抽出したドリップコーヒー100ミリリットルに含まれるカフェインは約60ミリグラムです。

対してインスタントコーヒーの粉2グラムを熱湯140ミリリットルで作ったインスタントコーヒーに含まれるカフェインの量は、100ミリリットルあたり60ミリグラムと言われていますから、含まれているカフェインの量はどちらも同じくらいという結果が出ています。

一方、生豆に含まれているクロロゲン酸の量は6.5から9%と言われています、焙煎によってコーヒー豆のクロロゲン酸が減少することは知られていますが、コーヒー一杯に含まれるクロロゲン酸の量はドリップコーヒーで15~325ミリグラム、一方のインスタントコーヒーは55~240ミリグラムといわれ、ドリップコーヒーの方がクロロゲン酸の量が多いものの、インスタントコーヒーでもクロロゲン酸が失われていないことがわかります。

以上のことからインスタントコーヒーでも十分カフェインとクロロゲン酸を摂取することが可能で、ダイエットに効果があるといえるのではないでしょうか。

コーヒーはとうの昔の効果と作り方が発見されていました。それを詳しく見ていきましょう。

コーヒーの集中力や頭痛改善効果

コーヒーは1000年以上も前から薬理効果があると書物に記録されています。そこには胃薬や頭痛薬、心臓の薬としてまで使えるとまで言われています。

果たしてそこまで言われているコーヒーの効果とはなんでしょうか?

はじめにカフェインやカフェー酸、タンニンやポリフェノールが含まれています。

カフェインには集中力を高めたり偏頭痛を和らげたり、脂肪の分解を促進させる効果があります。特にコーヒーを飲んで30分後に運動をすると飲んでない状態と比べて脂肪が燃焼されると科学的に証明されています。
またカフェインには昼ごろに摂ると眠気を覚ます覚醒作用があります。特に仮眠を取りたい時は寝る前に飲むと30分後に眠気の覚まし効果が発揮されます。

次にタンニンにはダイエット効果や血圧を下げる効果もあると言われています。またコーヒーの効果には脳卒中の危険性を減らしたり、一杯で2時間ほど血流を促進させたりもします。そのことが動脈硬化の予防につながったり体温上昇も測れたりします。血圧を下げるだけでなく促すのはうれしい効果ですよね。

そして肝臓の働きを助け二日酔いの予防にもなれたり、リラックス効果もあると言われています。
覚醒作用があってリラックス効果もあるのは何だか不思議な話にも感じますが、確かに一杯のコーヒーはホッと落ち着かせたりします。

コーヒーの由来

コーヒーの由来は実は主に2つの仮説があります。
イスラム教徒オマールのアラビア説と、ヤギ飼いカルディのエチオピア説の大きく2つに分かれています。

アラビア説ではイスラム教徒のシーク・オマールがコーヒーと言う飲み物として飲めることを発見したと言われています。
発見の経由としては簡単に言えば、恋に関するいざこさで山に追放されてしまい、その中で美しい声で鳴いた小鳥の止まった枝に手を伸ばしてみれば、果実があり空腹のためそれを液体状にして飲んでみたのが始まりのようです。恋の痛手が私達コーヒー好きの喜びにつながったと思うとロマンチックな話だと思いませんか?

エチオピア説ではエチオピアのヤギ飼いであるカルディが、牧草地の灌木の実をヤギが食べたことがきっかけで発見したと言われています。
この伝説はレバノンのキリスト教徒であるファウスト・ナイロニが書いた、「コーヒー論 その特質と効用」と言う本に書いてあるようですが、どうやらそこにはそのエピソードのはっきりした時代や年代の記述がないとのことです。

その2つは前者があまりにもロマンチック。後者が特に背景に具体的な描写がないと、どちらとも2つの意味でにわかには信じがたいと個人的には感じるのですがとても興味深いです。ちなみにコーヒー豆を煎れて飲むようになったのは15世紀に起きた山火事で、豆が焼けたのをきっかけに発見されたと言われています。

まとめるとコーヒーが発見され、そこから少し経った後に健康的な飲み物として注目されるようになったと、煎り方も含めてどうやらコーヒーの基礎ははるか昔で完成されていたようです。先人たちが培ってきたものを私達はこれからも大切に引き継いでいきたいです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. インスタントコーヒー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーの賞味期限
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒー効果
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP