コーヒーの効果

インスタントコーヒーでもダイエットは出来る?

コーヒーでダイエットできるひとつの理由はクロロゲン酸

何故コーヒーでダイエットができると言われているのでしょうか。その理由にはコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸が大きく関わっています。そこで、クロロゲン酸とカフェイン、それぞれがどのようにダイエットに効くのかを見ていきます。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には脂肪燃焼効果があると認められていますが、もう少し詳しく説明します。脂肪はミトコンドリアという細胞に取り込まれることで体を動かすエネルギーになりますが、このミトコンドリアが脂肪を燃焼させる効率がダイエットでは重要になってきます。

コーヒーのクロロゲン酸が脂肪を燃焼させるミトコンドリアに働きかけることで、ミトコンドリアはその働きをより活性化させ、その結果普段よりも多くの脂肪をエネルギーに変換させる事が出来るようになるのです。

このためコーヒーを飲むことで体内にクロロゲン酸が摂取された状態で運動をすると、脂質がエネルギーとして普段よりも使えるようになり、さらにクロロゲン酸の持つもう一つの効果の摂取する糖質などが体内に蓄積しないようにブロックしてくれる働きによって、よりダイエット効果も高くなるのです。

コーヒーに含まれるカフェインのダイエット効果は

それでは、コーヒーに含まれるカフェインはどのようにダイエットに効くのでしょうか。私たちの体には脂肪を分解する消化酵素の一つとしてリパーゼがあります。

このリパーゼによって脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解され燃焼しますが、この分解に時間がかかることが「運動をおこなっても脂肪は燃焼するまで時間がかかる」と言われている理由です。そしてコーヒーのカフェインにはリパーゼの働きを活発にさせる効果があるためダイエットに効くと言われているのです。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、血行をよくすることで基礎代謝を高める作用があります。この血行をよくすると言う効果は、ダイエットだけでなく肩こりや冷え性の解消にも効果があると言われています、さらにカフェインには交感神経を活発にする働きがあります。

人は副交感神経が働いている時には脂肪をためやすくなりますが、交感神経が働いていると脂肪を燃焼しやすくなることから、コーヒーのカフェインがダイエットに効果があると言われるのです。

インスタントコーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインの量

ところでインスタントコーヒーにはドリップで出したコーヒーと比較してどのくらいの量のクロロゲン酸とカフェインが含まれているのでしょうか。10グラムの豆から、熱湯で抽出したドリップコーヒー100ミリリットルに含まれるカフェインは約60ミリグラムです。

対してインスタントコーヒーの粉2グラムを熱湯140ミリリットルで作ったインスタントコーヒーに含まれるカフェインの量は、100ミリリットルあたり60ミリグラムと言われていますから、含まれているカフェインの量はどちらも同じくらいという結果が出ています。

一方、生豆に含まれているクロロゲン酸の量は6.5から9%と言われています、焙煎によってコーヒー豆のクロロゲン酸が減少することは知られていますが、コーヒー一杯に含まれるクロロゲン酸の量はドリップコーヒーで15~325ミリグラム、一方のインスタントコーヒーは55~240ミリグラムといわれ、ドリップコーヒーの方がクロロゲン酸の量が多いものの、インスタントコーヒーでもクロロゲン酸が失われていないことがわかります。

以上のことからインスタントコーヒーでも十分カフェインとクロロゲン酸を摂取することが可能で、ダイエットに効果があるといえるのではないでしょうか。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP