コーヒーの効果

よく飲む人は要注意!コーヒー中毒とはどんなもの?

コーヒー好きな人にとってコーヒーは毎日なくてはならない必要不可欠なものです。一日に2~3杯飲むという人は多いと思います。しかしそんなコーヒーにはカフェインという成分が含まれており、カフェインには中毒があるので飲みすぎるとコーヒー中毒になると言われています。実際に2012年〜2017年の5年間にカフェイン中毒によって100人以上が病院に搬送されて、うち5人が死亡しました。今回はそんな、誰でもなりえるコーヒー中毒についてみていきたいと思います。

コーヒー中毒とは

コーヒー中毒とはひとことで言うと、「コーヒーなしでは生活できなくなってしまいコーヒーを飲まないとイライラしたりする」ことを言います。コーヒー中毒の原因はコーヒーに含まれているカフェインなので、厳密には「カフェイン中毒(依存症)」と言ったりもしますが、カフェイン中毒と言う場合には、コーヒーに限らず、カフェインが含まれているエナジードリンクやお茶など他のカフェイン飲料による中毒も該当します。ですので、今回はコーヒー中毒という言葉を使っていきます。

コーヒー中毒の症状

コーヒー中毒になると、健康面に悪影響を及ぼすことがあります。どんな影響があるのかみていきましょう。

①コーヒー中毒による頭痛

コーヒー中毒になった際の症状にはいろんなものがありますが、その中でも最も代表的なものが「頭痛」です。コーヒー中毒の人が、1日コーヒーを飲まず過ごすと頭痛になることがあります。このような症状があった場合「コーヒー中毒」を疑いましょう。コーヒー中毒になった際に頭痛になるのは理由があり、脳の血管を収縮させる働きがあるカフェインが、その働きによりコーヒーを飲むと常に脳の血管が収縮される状態になります。そんな状態の中、コーヒーを急に断つと、脳の血管が元の状態に戻って血管が拡張されるので頭痛になるのです。

②落ち着きがなくなる

この症状はコーヒー中毒に限らず、いろいろな中毒症状にみられるのですが、コーヒー中毒になると気分が高揚してそわそわすることがあります。落ち着きがなくなり、原因なく不安な気持ちになります。その症状が更に悪化するとパニック症状を引き起こしたり、痙攣を起こすこともあるので少しでも自覚をしたら注意をする必要があります。

上記の2つが代表的な症状ですが、他にも「胃痛」、「胸痛」、「吐き気」の症状がでることがあります。いずれにしてもコーヒー中毒としての自覚があるくらいコーヒーを飲んでいて、かつ体調がすぐれないことが多い場合には、このような症状が出たら「コーヒー中毒による症状なのではないか」と疑って病院なでど見てもらっても良いかもしれません。

どれだけの量を飲むと中毒になるのか

コーヒーを飲みすぎたことによるコーヒー中毒には、2種類の段階があります。

急性(短時間でコーヒーを飲みすぎた場合)

急性のコーヒー中毒の目安は個人の体格差やその時の体調などにもよるので一概には言えないのですが、3時間以内に8杯〜10杯のコーヒーを飲むと急性のコーヒー中毒になる可能性があると言われています。普通に考えても異常な量だとわかりますね。

慢性(中長期に渡ってコーヒーを飲みすぎた場合)

長期間に渡って毎日コーヒーを飲むことから発生する慢性のコーヒー中毒も存在します。特に両を多く飲んでいなくても、毎日コーヒーを飲んでいる人が急にコーヒーを飲むことをやめると、頭痛になったり、イライラして集中ができなくなったり、どうしてもコーヒーが飲みたいと思うようになったりするのです。個人差があるので、普段から自分の体調管理をしっかりするようにしましょう。

いかがでしたか?コーヒー中毒になるそもそもの原因はコーヒーにカフェインという成分が含まれており、カフェイン依存症になるからです。よくコーヒーを飲むという人は、たコーヒー中毒の予防として、たまにカフェインの入っていないカフェインレスコーヒー(ディカフェコーヒー)を挟んで飲む方法がおすすめです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーの香り
  3. コーヒーメーカー
  4. 名曲喫茶東京
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーの効果
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 清澄白河コーヒーカフェケーキ
PAGE TOP